ライプチッヒ・ゲヴァンドハウスで阪田知樹、初リサイタル🎶 

先日のアマルコ-ドの演奏会に続き、昨晩もゲヴァンドハウス小ホ-ルにQちゃんと共に足を運びました。
今回は若きピアニスト、阪田知樹さんのピアノリサイタル。

fc2blog_20180128231917e1b.jpg

阪田さんは1993年名古屋生まれの今年25歳。2013年にファン・クラインバ-ン国際ピアノコンク-ルで19歳という最年少で入賞した後、2016年にはフランツ・リスト国際ピアノコンク-ルで見事1位となった天才ピアニストです。
現在は、ドイツ・ハノ-バ-の音楽大学で勉強されているとのことですが、こんなすごいピアニストが、音楽大学で他に学ぶものがあるのでしょうかね?今の段階で、教授陣よりもずっと上なんじゃないかと思うのは、私だけでしょうか。


fc2blog_2018012901160220f.jpg



今回のリサイタルは、ゲヴァンドハウスなどが国際コンク-ルで優勝した若手ピアニストを招いたもので、そのためかチケット代も申し訳ないほど安くて驚きました。なんと一律12ユ-ロ。
会場も満席ではなかったものの、8割がた埋まっていたと思います。

さて、前半の演目は、アレッサンドロ・マルチェロのオ-ボエコンサ-トをバッハがアレンジした曲、バッハのフランス組曲、ブラームスの編曲によるパガニ-ニのテ-マ作品番号35でした。

ちょうど最初の曲が静かに始まった直後でした。。なんと誰かの携帯の音が鳴り響いてすぐには止まない。。
かなり興ざめしていたところ、しばらくすると、今度はすぐ後ろに座っている年配の女性が飴玉を食べようとして、つつみ紙をむく音がクシャクシャと響く。
Qちゃんも私も同時に後ろを振り向いて警告。それでもなんのその。今度は口に入れた飴玉をクチャクチャなめる音が響く。
呆れている間もなく、今度はむせたのか、咳の連発。。 
お陰で最初の曲は、全く集中して聴けませんでした。その女性以外にも、咳を平気でする人が結構いたりと、観客のマナ-にはうんざりでした。演奏者にとってもきっと集中できなかったことでしょう。
ベルリンフィルでもそうですが、最近のドイツの演奏会では聴衆のマナ-の悪さがとても気になります。
音楽の国なのですけどね。。

後半は、別の場所に移動したがっていたQちゃん。
どうやら一番前の席がいくつ開いているのを見つけていたようで、休憩時間の間に移動しました。

残念ながら、前のほうにも咳払いを頻繁にするう男性がいましたが、移動した席がピアノに近い分まだましでした。
後半の演目は、リストの曲を3曲でした。
さすがに素晴らしい。リストを弾くための卓越したテクニックは言うまでもなく、とりわけ、とっても丁寧なタッチから奏でられる優美な響きがとても印象的でした。
音楽評論家Qちゃんは、前半終わった時点では、バッハのフランス組曲が、自分としてはあまりにロマン派的な弾き方だったと、少々辛口でしたが、後半のリストを聴いて、大感激の模様でした。



fc2blog_20180128231955157.jpg


ライプチッヒの聴衆を魅了した若き日本人ピアニスト、阪田知樹さん。
ますますのご活躍を期待します。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



Kommentare:

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/816-b49f7ebf