男声アンサンブルAmarcordの演奏会🎶 

ライプチッヒが誇る男声アンサンブル、アマルコ-ド(Amarcord)。バス二人、バリトン一人、テノ-ル二人(うち一人はカウンタ-テナ-)の男性5人によるヴォ-カルグル-プです。卓越したテクニックと音楽性、微塵の狂いもない音程とそのハ-モニ-は聴く人に大きな感動を与えてくれます。

fc2blog_201801260200298d1.jpg


そのアマルコ-ドの演奏会に昨晩Qちゃんと共に久々に足を運びました。
生で聴くのは今回が3回目。約二年ぶりということで、とっても楽しみにしていました。
会場はゲヴァンドハウスの小ホ-ルである、メンデルスゾ-ンホ-ル。
小ホ-ルとはいえ、満席でした。やはりメンバ-全員がトマ-ナ少年合唱団の出身というこもあり、ライプチッヒでも大変人気があります。

fc2blog_201801260159494ad.jpg


さて、まず前半には、グリ-グ、シュ-ベルト、シュ-マン、メンデルスゾ-ンなどのアカペラ曲を7曲歌ってくれました。
カウンタ-テナ-の透き通るような歌声と重厚なバスの響き、そしてその間に挟まれたバリトンともう一人のテノ-ルの声が重なり見事なハ-モニ-の連続。
このホ-ルはかなりドライな響きなので、ボ-カルの演奏会の場合は調整が難しいと思いますが、さすがはアマルコ-ド。見事な歌声が響きました。

休憩をはさんだ後、後半は世界のフォークソングを独自でアレンジした曲を数曲披露してくれました。そのうちのひとつは、韓国の歌であるアリラン。とっても美しく歌い上げてくれました。アフリカの歌では、観客と共にフレ-ズを歌いました。私も、はりきって歌いましたよ!歌はやはり楽しいですね。

アマルコ-ドの演奏会は、これまでの2回は教会で聴きましたが、今回はコンサ-トホ-ルだからか、ウィットのきいた楽しい演出でした。
素晴らしい歌声だけでなく、目も存分に楽しませてくれます。素敵な時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
アンコ-ルは2曲。最後の一曲は観客席の真ん中通路に立って歌ってくれました。
いや-、何度聴いても素晴らしい。

fc2blog_20180126015854113.jpg


アマルコ-ドのレパ-トリ-は、中世の曲、ルネッサンスの宗教音楽、ロマン派の曲から、独自でアレンジした世界のフォークソングやジャズに至ります。
それを卓越したテクニックと音楽性により、人々に大きな感動を与えてくれるアンサンブル、アマルコ-ド。
昨年は、日本でもデビュ-して好評を博したそうですね。
今年もまた日本公演をするようでしたら、是非一度聴きに行ってみてください!
私のおすすめです!!

Kommentare:

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/814-87effb58