ライプチヒでのいろいろな音楽会 

3月はいろいろな催しが盛りだくさんでした。

まずは、3月13日(日)
東北の震災の被害にあった、福島県相馬市から、相馬子供オーケストラの皆さんが、ライプチヒのト-マス教会で演奏しました。
すでにベルリンではフィルハーモニ-や日独センタ-でも演奏会を開き、この日が最後の演奏会でした。




前日お誕生会をおそくまでやっていたので、午前中はゆっくりして、宿泊していた従妹のSちゃんと、母とともにトーマス教会へ。
G線上のアリア、ブランデンブルク協奏曲など、バッハの曲を数曲、バッハが眠る祭壇の前で演奏。

fc2blog_20160328182026690.jpg

ハ-ドスケジュ-ルだったようで、少し疲れた表情をした子供達もいましたが、がんばって演奏していました。
バッハが眠る前で演奏したことは、子供達の大きな思い出になるのではないでしょうか。
辛い過去を乗り越えて、音楽を通して生きる勇気をもってもらえたら、嬉しいですね。


そして、1週間後の、3月19日(土)
Qちゃんは自転車レ-スで不在だったので、一人チョンガ-生活でした。
ドイツではこの時期、バッハの受難曲がそこらじゅうで演奏されます。
この日は、ニコライ教会で、ヨハネ受難曲が演奏されました。

ニコライ教会もトーマス教会同様、バッハが活躍した教会で、とりわけこのヨハネ受難曲は、ニコライ教会での礼拝で演奏されたのが初演なのです。

ヨハネ受難曲は、これまで2回、合唱団で歌ったことがあり、とても感慨深い曲です。
自分で歌ったことがあると、ちょっとシビア-に聞いてしましますが、今回の演奏会、いろいろびっくりするような部分もありました。
一番びっくりしたのが、途中オ-ケストラがダカ-ポを忘れかけて、次の曲のチェンバロが飛び出したこと。
そして、一度は、全く音を外して前奏にはいったことでした。う-ん、プロのオケとしては、前代未聞かも。。

でも、今回の私のお目当てだった、テノ-ルのソリスト、Wolfram Lattkeの福音史家は、期待通り素晴らしかった。
前述の、オケが音を外して前奏にはいった箇所も、彼は正しい音程で入っていったところは、さすがはプロだと脱帽でした。
Wolfram Lattkeは、私が大ファンのアンサンブルであるAmarcordのメンバ-。彼らの演奏会は何度か聞きに行っていつも感動していたので、マタイ受難曲のソロを歌うと知って、是非聞いてみたかったのでした。
透き通るような伸びのある歌声は、鳥肌もの。それだけでも聴きに行ったかいがありました。

fc2blog_2016032818215012b.jpg


ただ、最後の感動的なコ-ラスは、もう少しテンポを落として歌ってほしかったなぁ。。と感じたのは私だけかなぁ。。。





Kommentare:

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/760-c050792f