アウシュヴィッツ解放70年 

1月27日はアウシュヴィッツ解放70周年の日だった。
私は毎年、この日普段にも増して、当時犠牲になったユダヤ人に思いを馳せる。

アウシュヴィッツ強制収容所跡では、午後に解放70周年記念追悼式典が行われ、
その模様は、ドイツ公共放送の第二テレビZDFやNTVで生中継された。

fc2blog_201501312210135ba.jpg

生存者の方々及び各国首脳が勢ぞろいだったが、ロシアのプ-チン大統領は参列せず。
理由は「正式に招待されなかったから」とのことだが、ポ-ランド側は、どの国の首脳も正式に招待してないとのこと。
なぜなら、この式典は犠牲者及び生存者がメインであるべきだからとのことだった。
参列した首脳は皆、自主的に来たのだった。プ-チン大統領は、他に理由があったのかもしれないが、当時アウシュヴィッツを開放したのはロシア赤軍だったのだから、本来は来るべきだったのでは。。。

fc2blog_201501312209371bf.jpg




10年前の60周年のと同様、この日のアウシュヴィッツも雪が積もっている。

fc2blog_20150131221104360.jpg

ポ-ランド大統領をはじめ、生存者3人によるスピ-チ。

fc2blog_20150131220902f00.jpg

どの話もジンときて涙がこぼれそうになる。どんな悲惨な状況だったか、いまさらここに書くまでもない。
ユダヤ教のラビが唱えた悲しみの歌には、内容はわからないがグッときてしまった。
参列した生存者の方々も、皆涙をながしていた。
当然ながら、生存者もご高齢。今後ますます語り部が減っていく。
10年後の解放80年の時にはどうなっているだろうか。


この日アウシュヴィッツの式典に参列したドイツのガウク大統領は、午前中はドイツの連邦議会で追悼式典で演説をした。「アウシュヴィッツ(ホロコ-スト)なしには、ドイツのアイデンティティ-を語れない。」とまで国の元首が言うドイツ。メルケル首相他ドイツの政治家も同じスタンスだ。ドイツ人は生まれ持って、ホロコ-ストの責任を背負っている、またその責任を果たしていく義務があるということだ。
ドイツは永遠に、この大きな過ちを次世代に伝え続け、責任を取っていくべきという構えだ。政治家の歴史認識が、どこかの国と大きく違うのを毎回のように実感してしまう。

ドイツがここまで過去の清算に努力していることには脱帽だが、一方で最近のある調査によると、ドイツ人の8割が過去の歴史を忘れたいと思っているという結果もあるようだ。ホロコ-ストという過去の責任を国をあげて行う努力をしているドイツでさえ、国民がそのように思っているかもしれないのなら、政治家が正しい歴史観を持っていない国では、国民は過去を忘れたいと思う以前に、すでに忘れてしまっている、もしくは問題意識さえ芽生えていないかもしれない。


私の住むライプチヒは戦前ユダヤ人が13000人暮らしていたそうだ。当時ドイツで6番目に大きなユダヤ人教区があり、ザクセン州では最も大きかったそうだ。
しかしユダヤ人の迫害は行われたナチ時代、1933年から1945年に間には、わずか24人しか残っていなかったという。

自宅近く、ちょうどライプチヒ動物園の迎え側の橋のほとりに、ユダヤ人迫害に関する追悼碑がある。1938年11月10日、ドイツ中のユダヤ人関連の建物が襲撃されたポグロム「帝国水晶の夜」に、この橋の下に数百人のユダヤ人が押し込められ、迫害されたり、収容所へ輸送されたそうだ。

fc2blog_201501312212169a7.jpg


アウシュヴィッツ解放70年の日の翌日、私はここに立ち寄ってみた。
ここから、アウシュヴィッツへ移送されて、殺害された人達も多かったに違いない。

20世紀最悪の蛮行、ホロコ-スト。絶対に繰り返されてはいけない。
絶対に忘れてはならない。そのためには次世代へ永遠に語り続けられなければならない。
その大変な責任を永遠に背負っているドイツだが、ここでも、その努力はひしひしと感じられる。




ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

Kommentare:

こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
そして、いつも読ませて頂いております。

アウシュビッツへは、一昨年の12月に行って色々と考えさせられました。
地名はポートランド語でオシフェンチムなのにに何故か、ドイツ語の呼称のアウシュビッツで語られている事も、その時初めて知りました。

日本も、同時期に中国で大量虐殺をしたと言われていますが、事実がどこまでなのかハッキリしていない部分が有ります。

逆に、日本人もアウシュビッツを解放したと言われるソ連に中国東北部で虐殺された事が有るそうですが、表には余り出ていない事柄なのか、それほど知られていない様ですが。
戦争を起こしたのが日本であるし、敗戦国だからなのでしょうか。

前の記事に書かれていた様に、パリで新聞社を襲ったテロ。私は、その2週間にパリに観光で行っていましたので、その事を聞きゾッーとしました。

そして、日本時間の2月1日午前5時ごろに、シリアでISILに二人目の日本人が虐殺されました。

人種と宗教と格差が絡んで、多くのエゴを産むのが人間なのかと・・。

この先、不安です。第三次大戦が起こらなければと思います。

とりとめ無く、長いコメントですいません。

緑山星月 さま

はじめまして。ブログ訪問及びコメントをありがとうございました。

アウシュヴィッツに行かれたことがあるのですね。
現地にはポ-ランド政府認定の日本人ガイドさんもおられますよね。私も一度は行ってみたいと思っています。
他の収容所はいくつか行く機会があったのですが。
アウシュヴィッツは抹殺目的の収容所ですから、蛮行の極めつけの場所ですよね。。。

戦時中の日本の南京大虐殺については、仰るとおり犠牲者の人数などをはじめ、日中両国の見解も違いますよね。ドイツのユダヤ人問題などとちがって、国外での蛮行は、国民が目にしていなかっただけに、事実が何なのかを見極めるのが難しいのは確かですし、また事実が歪曲されたりする恐れもありますね。
その点ユダヤ人問題は、ドイツ国民も肌で感じていたものですし、紛れもない事実で否定のしようがないですから、ドイツはそれをすべて認めることで、国際的に認められる国としての地位が獲得できたのでしょうね。

イスラム国による日本人殺害も昨夜知り、とってもショックです。
イスラム国に加担するメンバ-に中には、社会に不満を持つヨ-ロッパ生まれの移民なども多くリクル-トされていると聞きます。欧州各国の今後のなんらかの改善策も不可欠ですよね。有能な政治家の力量に期待するしかありません。

戦後70年たって、せっかく築いてきた平和がぐらついているようで、懸念を感じる今日この頃です。

またのご訪問、お待ちしています!

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/713-cd395eb5