2014年日本滞在記: 神戸から横浜 

10月17日
神戸最後の日。
荷物をつめて、宅急便で東京のホテルまで送った。
明日、横浜に行ってから明後日羽田から帰るからだ。

荷物を送ってから、家に戻ると姪っ子が学校から帰ってきた。
近くを3人でお散歩して、神戸の海を見納めることにした。

Qちゃんに逆さにされる姪っ子S。



明石海峡大橋と淡路島。
海ははやり良いなぁ。

fc2blog_2014103003571424d.jpg


夕食は、母とQちゃんと3人で、母のお気に入りの創作懐石のお店に行った。

fc2blog_2014103004060460e.jpg

Qちゃんはとっても気に入った様子だった。
私も、とてもおいしかったけど、しいていえばクラシックな懐石料理のほうが好きかなぁ。

こうして、神戸最後の夜をおいしい食事でしめくくった。


10月18日
早朝の新幹線で横浜へむかった。
目的地は、叔母が住む戸塚だ。
叔母は市民歌舞伎で活躍している。毎年この時期、叔母の所属する歌舞伎、いずみ歌舞伎が泉区役所で歌舞伎公演を行っていて、今年は是非私達も拝見したいと、今回の帰省のスケジュ-ルにはじめから組み込んでいた。

fc2blog_2014103005331252a.jpg

演目は、「妹背山女庭訓(いもせやまおんなていきん) 三笠山御殿」だ。
大化の改新の頃のお話で、藤原鎌足・不比等親子らが、天下を狙う蘇我入鹿討伐を目指し、天智天皇の御世を回復するまでを描いたお話の一部だ。

会場のいずみ区役所前は、歌舞伎の旗が舞っている。
まるで相撲場所のようだ。

fc2blog_20141030040709369.jpg


叔母は、藤原不比等の役だ。

fc2blog_201410300406450dc.jpg

83歳とは思えない身のこなし。
また小さいころから踊りをしていたというだけあって、姿勢も良く存在感は絶大だった。

それ以外には、義太夫の方が、とっても感情豊かに歌い上げ、印象的だった。
素人のコ-ラスが歌う中、プロのソリストがびしっと決めて全体を引き上げるのと同じように、義太夫のすばらしい声がこの市民歌舞伎をぐっと魅力的なものにしていた。

かなり長かったが、一番前の席でQちゃんと母と3人で、歌舞伎を存分に楽しんだ。

fc2blog_201410300407459dd.jpg


近くのレストランで、叔母と待ち合わせ、一緒に食事を共にした。

fc2blog_20141030040838bc6.jpg

いや-、ほんとにすばらしかった。
ますますお元気で、ずっと続けていただきたい。

その後電車で羽田空港近くのホテルへ。


10月19日
早朝のシャトルバスで、羽田空港へ。
母とはここでお別れし、国内線から神戸へ帰っていった。

Qちゃんと私は、帰りはエールフランスでパリへ。

機内から遠くに富士山が見えました。

fc2blog_20141030035828f87.jpg


パリで6時間トランジットまちをした後、無事ライプチヒ空港へ到着。
お隣さんのM&Mさんが親切にも車で向かえにきてくれた。


こうして今回の帰省も無事終了。
ハプニングもあったけど、とっても楽しい日々だった。




ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓







Kommentare:

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/671-c5672d5e