2014年フランス旅行記: フランスアルペンでトレッキング 

7月17日(木)
昨日16日は、プロバンスを後にし、車で大移動。
帰りはフランスアルプスのTinisで2泊してからドイツへ帰る予定だ。
16日はただひたすら車で移動。Tninisに到着すると、雨が降り出した。寒っぶ-。
おまけに、わかってはいたけど、スキ-リゾ-ト地なので、宿泊施設がぼんぼんたてられた味気のない地域で幻滅。
ただ、スキ-リゾ-トなだけに、夏場はとても割安なのだ。

さて、翌日17日は、申し分のないお天気。
予定通り、トレッキングをすることにした。

標高2000mぐらいの地点からスタ-ト。



どんどん登っていきます。

上のほうは、残雪があり、その上をザクザクと歩いていきます。

resized_DSCF4283.jpg

3時間ぐらい歩いて、目的地に到着。

resized_DSCF4285.jpg

標高約3000m。
上のほうはかなり空気が薄いかんじだ。


登ってきた頂上の右側がフランス。

resized_DSCF4288.jpg

左側がイタリア。

resized_DSCF4291.jpg

山を境に国境になっているようだ。


resized_DSCF4299.jpg

お昼ごはんを食べて、再び山を下っていきます。


途中さまざまな、高山植物が目をたのしませてくれた。

Soldanelle.
Qちゃんの話では、この花は冬に咲くらしく、この時期に見られるのは珍しいとか。

resized_DSCF4309.jpg


Kohlröschen.
この花は、鼻をくっつけて匂いをかぐと、バニラのような甘い匂いがする。
こちらも、かなり珍しい高山植物だそうだ。

resized_DSCF4315.jpg


かわいらしい、Enzien.

resized_DSCF4298.jpg


そして、最も感動したのが、可憐なエ-デルワイス。

resized_DSCF4334.jpg

やはり、エ-デルワイスはほとんどが急な斜面に咲いていた。
だからこそ、なおさら見つけにくいのでしょうね。


山で目にして感動したのは、高山植物だけではありませんでした。
登山道で出会った、Mummele.

resized_DSCF4302.jpg

超かわいい。鳴き声がまた愛らしかった。


無事下山するやいなや、Qちゃんはそのまま自転車で山を走ると。
ま、そのために、はじめから自転車用のウエア-を着て登山していたので、他の人からジロジロ珍しそうに見られてたのだ。
どこまで体力あるねん、このQは。

ということで、私は車でいつものお付き合い。

resized_DSCF4352.jpg

そして、到着。
自転車コ-スとしては、最も標高の高い山だそうだ。

resized_DSCF4353.jpg
お疲れさんでした。


フランス最後の晩餐は、宿のレストランで食事をした。
二人ともラム料理を選択。

resized_DSCF4358.jpg

おいしいワインと共に、フランス最後の夜をエンジョイした。


明日はドイツへ。
Qちゃんのお母さんの住むウルム近郊へ行きます。


fc2blog_20140720004121e1d.jpg

Kommentare:

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/637-c1ed85dd