2013年4月日本滞在: 明石でランチ 

4月6日(土)
朝から雨風の強い日だったが、同級生のKとYとでランチ。
場所は、 ずっと前から行って見たかった、明石のイタリアレストラン、 Ciro。
いつも予約がなかなかとれなかったが、2週間前の9時から予約受付ということで、Kがチャレンジしてくれた。
夜はすでに貸し切り予約でいっぱいで、13時45分のランチ予約ならok とのこと。
20分ぐらいずっとトライして、ようやく予約ができたとか。
やった!
Kに感謝!

目の前は、淡路島と明石海峡大橋が見える最高のローケーション。



この日はお天気が良くなかったので、残念だった。

さて、いろいろ食べたいものを注文したところ、適当な量でコースにしてくださった。
まずは、前菜盛り合わせ。



タコ、イカのマリネなど新鮮な明石の素材を使っていて、美味しい。

次は2種類のピザ。
ラザニア風と、スナップエンドウと豚塩づけのピザ。



ここピザも有名。何と言っても、石の釜をわざわざナポリから取り寄せたとか。

そして、私の大好物、魚介類のパスタ。



美味しすぎ!!
アサリ、ムール貝、スカンピー、そして完熟トマト。
昨年、ナポリ近くのソレントあたりで毎日のように食べたパスタだ。
でも、おそらく、ここのパスタの方が上だ。


そしてメインは、私のお目当て。
スズキのアクアパッツァ。
本当は、明石鯛のアクアパッツァを食べてみたかったのだが、この日はなかった。でも、スズキも大好き。



大きなスズキのアクアパッツァ。
ここにも完熟ミニトマトがたくさん入っている。オリーブオイルと水で調理することが多いアクアパッツァだが、ここでは白ワインを入れるとのこと。
幸せ気分。
やはりイタリア料理は素材が勝負だ。
明石は美味しい魚で有名なところ。
それらの素材を使えば、本番イタリアのレストランを超える美味しさ。
日本のイタリアレストランのレベルの高さを改めて感じた。

メニューはほとんど私の好物に合わせてくれた、KとY。ありがとね!



レストランを後にして、近くにある明石の有名な商店街、魚の棚の立ち寄った。



明石鯛の開き。
明石の鯛は、流れの早い明石海峡で獲れる身がしまった天然鯛で有名。



焼いたら美味しいだろうなぁ。
鯛が大好きなQちゃんに食べさせて見たい。

そしてこちらも有名な、明石タコ。
それをみりん干しにしたもの。
炙って食べても美味しいし、タコ飯にしても美味。



それにしても、エイリアンみたいで滑稽な姿だこと。




その後、駅でお茶をして、3人で色々な話で盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎていった。



ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

Kommentare:

チーロ素材も味付けも美味しかった~。お料理好きは食べ歩き派と視点が違うから楽しい!今回の滞在もあと少し、楽しんで。

けいくん
チーロの予約とってくれてありがとう!おかげでやっと念願かなったわ!
評判通りだった。

はじめまして。
私もドイツ在住なのですが、明石出身なんです。
懐かしい写真の数々に見入ってしまい、思わずコメントさせて頂きました。
このエイリアンなタコ、他所ではあまり見かけませんが美味しいですよね。
いけぼんさんの日本滞在の記事で里帰り気分を味わえました。
ありがとうございます。


はいでぃ さま

ブログ訪問ありがとうございます。
明石出身なんですね。私は神戸でも明石よりの垂水区出身なんです。明石は大昔にピアノのレッスンにも通っていたし、なじみがあります。

また、コメントお待ちしています!

Kommentar posten















Dieses Kommentar kann nur vom Blogautor gelesen werden.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://ryokoschae.blog.fc2.com/tb.php/405-bd2026bd