FC2ブログ

マルタ旅行 番外編 

マルタはとっても独特な島。
イタリアとアラブが融合したような雰囲気があります。

典型的な建物も、木製の出窓はアラブの影響だとか。

fc2blog_20181219013419f83.jpg

いろいろな色の出窓がありましたが、ヴァレッタの町でみたこの赤い出窓は他では目にしませんでした。

また、マルタ独特の床のタイルがとても可愛いです。

これは、あるレストランの床。

fc2blog_201812190125341f7.jpg

そして、私達のアパ-トの寝室の床も可愛いタイルでした。
ちなみに、こちらはオリジナルのもので、18世紀からあるものだとか。

fc2blog_201812190133356c5.jpg


最後は、滞在中遭遇した、自然のスポットライト。
雲の切れ目から注がれる太陽の光が海面を照らす光景に、しばし目を奪われました。

fc2blog_20181219013252884.jpg



自然の芸術美に感動でした。

マルタ島、素敵な所です。。




スポンサーサイト

マルタ旅行 さすがは地中海、海が青い! 

マルタ島は地中海に浮かぶ島。海はとっても青かったです。

fc2blog_20181219012755ec6.jpg

地中海はヨ-ロッパの湯舟ともいわれて、海水も暖かいので、夏場は恰好の海水浴場にもなります。

fc2blog_201812190118304f8.jpg

小舟で断崖を行くツア-もあります。
とりわけ、イタリアのカプリ島には青の洞窟がとても有名ですが、マルタにも青の洞窟があります。
カプリほどではないですが、海の不思議な青さを体験できますよ。
私達も最終日に青の洞窟ツア-に参加しました。

fc2blog_20181219013640543.jpg

海底が白い箇所に太陽が当たると、とっても青く見えて感動的です。

fc2blog_20181219013519967.jpg

カプリでは、入口が狭いところに体を平らにして小舟で入っていきますが、マルタではそういうところはないので、どなたでも安心して参加できますよ。


そして、可愛い漁港で有名なマルウサシュロックも一見の価値あり。
船がとにかくカラフルで可愛いのです。

fc2blog_201812190124360fb.jpg

漁船に目がついているのが特徴的です。

fc2blog_20181219013724e5d.jpg

またこの村では美味しいシ-フ-ドが堪能でsきますよ!

一年中楽しめるマルタ。
お勧めです!

マルタ旅行 先史遺跡がすばらしい! 

ずいぶん長い間ご無沙汰しておりました。
最近、「地球の歩き方特派員ブログ」の方への投稿を優先してましたので、こちらのブログがお留守になっておりました。
よろしければ、左上のリンクから、「地球の歩き方特派員ブログ」の方も、ご訪問いただけると嬉しいです!

さて、ずっと忙しかったQちゃんが、12月の4日から1週間ほど休みが取れるということになったので、どこか暖かいところへ行こう!ということになり、いろいろ考えた結果、マルタに行ってきまた。
ライプツィヒからは週に一回直行便で2時間30分で到着できるというのも魅力です。
マルタはシチリアのすぐ横のちいさな島。12月でも気温18度ぐらいでしたので、おそらく同じ時期の東京あたりより暖かいのではないでしょうか。

私達がマルタを選んだ理由の一つに、世界遺産に指定されている巨石文化の遺跡が沢山あることでした。
マルタ島や隣のコゾ島に20ほどの遺跡があるそうです。古いもので紀元前5000年の建物跡。
また紀元前3000年ほどの巨石宮殿跡をいくつも見学することができます。

こちらはコゾ島の巨石神殿跡、Ggantija Temples.古い部分5500年前のもの。

fc2blog_201812190116442d3.jpg

こちらは、マルタ本当にあるTa Hagrat 巨石神殿跡。

fc2blog_2018121901291937f.jpg

このような巨石神殿跡を滞在中6か所見学して、どっぷりと先史文化につかりました。

これあらの神殿跡から発掘されたものが、ヴァレッタにある先史博物館に展示されてて、こちらも大変興味深いです。
たとえば、Trxien神殿から発掘されたものがこちら。

fc2blog_201812190130091bf.jpg

動物のモチ-フがとっても可愛い!


一つ残念だったのが、紀元前4000年から2500年頃にできたといわれる地下神殿墓地、ハイポジェウム、Hal Saflieni.を見学できなかったこと。ここは一時間に10人までの見学者しか入れず、事前に予約する必要がありました。
夏場は1か月前には予約しないと難しいとのこと。冬場は予約しやすかったと思うのですが、気付いたのが遅すぎて、すでに滞在中はいずれも満杯でした。


また、青銅器時代の遺跡もありました。

海沿いの地域に行くと、青銅器時代に移住した後が残っていました。
Qちゃんが座っているのは、まさしく当時のベンチ。周りには、穴があって、貯蔵庫跡のようです。

fc2blog_201812190119377a8.jpg

そして、こちらが、謎の車輪跡、Clapham Junction.
線路のような跡が途中でジャックションになっています。
なんのために、このような車輪跡があるのか、謎のままだそうです。

fc2blog_20181219012643ac5.jpg

紀元前2500年ぐらいのものですから、こちらも気が遠くなるほど古いですね。


その他、海岸沿いの地層には化石が沢山ありました。

ウニの化石

fc2blog_20181219011738789.jpg

貝の化石

fc2blog_20181219013150a9e.jpg


また、ラバトには3世紀ごろからといわれる、ユダヤ人やキリスト教徒の地下墓地、カタコンベを見学することもできますhし、ロ-マ遺跡もありますよ。

遺跡好きの方には、お勧めの島です!