スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年プロヴァンス旅行⑤ 今回のお宿 La Bastide des Princes での夕食ほか 

今回1週間滞在した素敵なお宿、La Bastide des Princesでは、週に3回だけ、コックさんであるご主人のピエ-ルさんが、素晴らしいグルメ・メニュ-を提供してくださいました。


20160731183448.jpg


まず、一回目の夕食(7月12日)

メロンと生ハムと共に、スパ-クリングワインでのアペリティ-フの後、
前菜は、数種類のお魚のロ-ストをのせたパイ。

20160731182740.jpg

絶妙の焼き具合でした。すでに感動。


そして、メインは、ラビオリのトリフかけ、フォアグラをカモで巻いたもの、アンズダケ。
20160731182843.jpg

トリフの良い香りがたまりませんでした。
フォアグラもとってもあっさりして、カモと絶妙にマッチ。

シャトネフドパプの赤ワインが、とってもお料理に合って、最高。
20160731182921.jpg


そして、ヤギのチ-ズにサマ-トリフ。
20160731182959.jpg


デザ-トは、ラベンダ-アイスほか。。
20160731183033.jpg

いや-、素晴らしかった。




2回目の夕食(7月14日)
今回はアペリティ-フも豪華。
ガスパッチョ、オリ-ブのタプナ-デ、ラムとほうれん草。
飲み物は白ワインにしました。
20160731183543.jpg


前菜は、魚のテリ-ヌのロブスタ-ソ-スかけ。
20160731183630.jpg

これは、最高に美味でした!もともとテリ-ヌは大好物ですが、ロプスタ-ソ-スだなんて、なんて贅沢。
もうため息ものでした。
ちなみに、この前菜は私達だけに提供してくださいました。
20160731183720.jpg

ワインは、ジゴンダスで合わせました。
20160731183805.jpg

このワインがまたとってもおいしくて、翌日そのワイン蔵を訪ねたぐらい。
3種のチ-ズと、このジゴンダスが最高にマッチ。
20160731183857.jpg


デザ-トは、各種アイスほか。。
20160731183939.jpg

ふう--、食べ過ぎ。。






3日目の夕食(7月16日)
アペリティ-フは、パテに白ワイン。
20160731184031.jpg


前菜は、白身魚のカルパッチョ。
20160731184156.jpg

これまた、超おいしいカルパッチョでした。感動的。。


メインは、モン・ヴォントュ-の豚肉のソテ-、ラタトゥイユ、ポテトほか。
20160731184245.jpg


チ-ズの後、デザ-ト。
20160731184330.jpg



いや-、ほんとに素晴らしいお料理を提供くださった、ピエ-ルさん。

20160731184503.jpg

20160731184537.jpg


さすがは食の国フランス。
脱帽です。

スポンサーサイト

2016年プロヴァンス旅行④ 今回のお宿 La Bastide des Princes 

今回の旅行は計画するのが遅くなったため、問い合わせた宿泊施設は軒並み満室との返事がほとんどでした。
できればシャトネフドパプに宿泊したいと思ていたので、そこにある宿泊施設に可能な限りメ-ルをかいたのですが、やはりどこも満室。ただ、あるホテルが、「うちは満室ですが、ここに尋ねてみてください」と紹介されたのが、今回のお宿、La Bastide des Princes でした。

20160731183324.jpg

20160731185347.jpg


オランジェから6キロほど郊外にある5部屋だけの隠れ家的なお宿です。
17世紀からある古い農家を改築したお宿で、部屋もとっても広い!

20160731190732.jpg

部屋の窓からは素晴らしいお庭と、畑。

20160731184638.jpg

朝食はお庭のテラスでいただきます。

20160731184739.jpg

20160731183234.jpg


この宿は、コックさんのピエ-ルさんと、奥様のアニ-さん二人で経営されています。
以前はシャトネフドパプでホテルレストランを経営されていたそうですが、10年前にこの地引っ越されたとのこと。
レストランは週に3回だけ、おもに宿泊客のために超おいしい夕食を作ってくれます。
アニ-さんは英語も通じるので、コミュニケ-トもとりやすく、お二人ともとても気さくで素敵な方でした。

20160731185433.jpg

また行きたい!









2016年プロヴァンス旅行③ シャトネフドパプ、モン・ヴォントゥ-ほか 

7月16日
午前中Qちゃんが自転車で走ったので、再び伴走。
ふと見ると、車の中にかわいい訪問者がいました。

20160731173545.jpg

カマキリの赤ちゃんかな?

その後、Loumarinという小さな村を散策。
芸術家のアトリエがいくつもある、美しい村でした。

20160731173638.jpg

その後、シャトネフドパプへ。
村の一番高いところから見下ろすと、向こう側に流れるのはロ-ヌ川。
素晴らしい眺めでした。
20160731173902.jpg

南仏最高のワイン畑、シャトネフドパプ。
石灰石のような土壌が特徴だ。
20160731173952.jpg

そして、そこにあるワイン蔵、Chateau de la Gardine醸造所を訪問しました。
20160731174025.jpg

このワイン蔵は、今回初めて。
実は、宿の夕食で飲んだワインがとっても美味しかったので、この醸造所を訪れることにしたのでした。
少し購入した後、ワイン蔵の人に勧められて、村の中心にある、醸造所の試飲場所を訪れることにしました。

シャトネフドパプの村の中心部の様子。
20160731174111.jpg

ここでも、美味しいワインに出会い、またまた購入してしまったQちゃん。
20160731174201.jpg



7月17日
自転車乗りなら絶対走りたいという、モン・ヴォントゥの山。
今回もQちゃん走りました。

20160731174956.jpg

頂上で合流して、再び車で移動。
先日ハイキングをした、Dentelles de Montmirailの北にある、美しい村Crestetを散策。

20160731175045.jpg


20160731175200.jpg



そして、Seguretという村でも散策。
20160731175253.jpg

この日、今回初めてセミを発見。
懐かしいセミの声。。これも南仏に来る私の楽しみの一つです。





2016年プロヴァンス旅行② 美しいお花畑 

7月14日
午前中、カ-ペンタ-スのマルシェへ行くことにした。
ここでは、トリフが売られていると読んだので興味深々だった。

沢山、あるある。

20160731170741.jpg

小さいので5ユ-ロか。ムムッツ。。
買って帰りたかったけど、ドイツに帰るまでまだまだ先なので、しぶしぶあきらめました。

20160731170927.jpg

しかし、鼻に近づけると、とっても良い香りでした。


そして、車で走っていて感動した一面のひまわり畑。
ゴッホのひまわり絵の世界。

20160731170433.jpg

この日も風がきつかったので、風になびいていました。

20160731170353.jpg

20160731170309.jpg


そして、Qちゃんが自転車で走るというので、私は車で伴走。
その後、Sault近くの美しいラベンダ-畑でピクニック。

20160731171117.jpg

美しい風景を前で食べるのは最高!

20160731171306.jpg

花は満開時期を過ぎていたので、紫の色がすこし薄かったかな。
それでも、とってもきれいで感動的でした。

20160731171208.jpg

プロバンスに来る楽しみの一つである、ラベンダ-畑。今回も実現。
そして、ひまわり畑にも出逢えて、ほんとにラッキ-だでした。


帰りしな、車で通ったとある村の門。
プロバンス特有の鐘が素敵でした。

20160731171417.jpg



2016年プロバンス旅行① セリグニャン&カマルク、 山歩き&ヴァケラス 

今年の夏の旅行は再びプロヴァンスに行きました。
プロヴァンスは今回が4回目なので、たいていの観光地は一度は見ているので、車で走りながら、寄ってみたいところに行くことにしようということになりました。

7月11日
ハイデルベルグ近郊に住むQちゃんのお父さんの家に二泊した後、一路プロヴァンスへ車で移動。
延々8時間ほど走りました。

7月12日
風が強くて、天気も雨交じり。
ということで、これまでの南仏旅行で実現していなかった、ファーブル博物館にいきました。
日本人なら誰での知っているファーブル昆虫記。そのファ-ブルが30年に渡って昆虫の研究をし、昆虫記を書いた家が、オランジェ近郊の村、セリグニャンにあり、博物館として公開されています。

入口には看板が。
20160731154807.jpg

この建物がお家でした。
20160731154707.jpg


ファ-ブルの研究室。
20160731155051.jpg

研究室でのファ-ブルの写真。
20160731163338.jpg






素晴らしい庭もあって、芸術家によるアリのオブジェも。
20160731154943.jpg

子供の頃に読んだファ-ブル昆虫記には、感銘を受けた覚えがかす。ここで研究されていたのですね。。
ちなみに、日本では超有名なファ-ブルですが、ドイツでは全く知られてないようです。Qちゃんも聞いたことなかったとのこと。


その後、カリグニャンを後にして、天気のよさそうな海の方向へ車を走らせました。
カマルグ湿原地帯。
ここは、野生のフラミンゴや馬が生息しています。
20160731155214.jpg

そして、製塩も行われています。
20160731155134.jpg
色がきれい!


7月12日
風は依然としてきつい。
まずは、オランジェのマルシェを見学。
前から欲しかった、買い物かごをゲット!重宝しています。

その後、ジゴンダス近くの山、Dentelles De Montmirail でハイキングを楽しみました。

高い場所にも、ワイン畑があるのが、さすがは南仏。
20160731155937.jpg

遠くに、モンモントゥ-の山が見えます。
20160731160033.jpg

アンティ-クな絞り機。
20160731160458.jpg


ハイキングの後は、車を止めていた村を散策。
20160731163747.jpg


どこも絵にになります。
20160731160537.jpg

20160731163819.jpg

そして、最後は、ヴァケラスへ。
前回の旅行の時にも立ち寄った2か所のワイン蔵を訪問しました。

試飲&購入
その① Vieux Clocher 醸造所
20160731163535.jpg

その② Domaine Des Amourieers 醸造所
20160731163604.jpg

大好きな南仏のワイン。
家で飲むのが楽しみです。





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。