プーラを後にして、モトヴォン、クロジュニアン観光。 

楽しかったプーラ滞在も、いよいよ終わり。
今回滞在したクロアチアのイスニア半島は、美しい海はもちろん、自然、文化、歴史、食事と、全てエンジョイできる素晴らしいところだった。
また近いうちに是非クロアチアに来たいと思う。

さて、朝必死で荷造りをして、大家さんに鍵を返しにいった。
その際に何と、Qちゃんが20cm弱の小さな蛇を発見した。クロアチアには蛇もいるとはびっくり。
そして、大家さんの奥さんから、お土産に手作りラベンダーをいただいた。ラベンダー大好きな私は大喜び。
奥さんはおとなしい感じの美人で、とてもセンスがよさそうだった。
アパートもきっと彼女のセンスで素敵に改装したの違いない。
アパートの中にもラベンダーがおかれていて、良い匂いを毎日楽しんだ。
言葉は通じなかったが、とても親切な家族だった。唯一、娘さんだけ英語が通じた。思い返せば、私たちが宿泊する宿はたいてい家族経営の小さな所で、その家族の子供だけが英語が話せるといったところばかりだったなぁ。

さて、今日からしばらくオーストリア。なぜかというと、Qちゃんの自転車レースがあるからだ。

途中、スロヴェニアにはいる前にクロアチアの小さな町を幾つか立ち寄った。

13-16世紀できたモトヴォン。
丘の上にある。



周りはワインのブドウ畑と、トリュフの産地である森に囲まれ、またオリーブオイルも採れるといった自然の恵みに恵まれた土地だ。





上からの眺めも素晴らしい。




そして、グロジュニャン。
街はヴェネチア時代のままタイムスリップした感じ。



石畳の道にたたずむ古びた建物には当時の高貴な人々の家紋が見られる。



古いものを趣味良く飾ったものが見受けられる。アトリエも多い。プラプラ散策して、とても楽しい。



素敵な小さな街だ。音楽講習会開催されているようで、楽器の音色が心地良く響いていた。


昔のオリーブかブドウの絞り機かな?




そして、遅いお昼にトリフのパスタを食べてみた。



お味は、ちょっとパルメザンチーズが足りない感じだったかな。

その後は、5時間ほどひたすらオーストリアへ向かって車を走らせた。
午後8時すぎに到着。
お天気は良くなく、気温は13度ほど。
寒っぶー。クロアチアより10度以上低い。シェー!
明日はなんとか雨は降らないで欲しいな。



訪問いただきありがとうございた。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓