2013年4月日本滞在: 神戸散策 & 年に一度の贅沢 

4月11日(水)
お昼間、久々に元町をプラプラ歩いた。昔からある懐かしいお店が残っている反面、かなり寂れていっている箇所もあり、残念。
今も変わらず賑わっているのが、元町中華街だ。




元町商店街に行くと必ず立ち寄るところが、和食器屋さんのサノヤ。
小鉢を探していたところ、作家もので土物の取り皿(もしくは盛り皿)に目を奪われてしまった。迷った末、また買ってしまった。。和食器に弱い私。
またもや金欠の危機だ。

夕方、年に一度行く、いつものお寿司屋さんに母と二人で行った。
明石のさらに西、大久保にある家族経営のお寿司屋さん、広嶋。
明石で上がる新鮮な魚を食べさせてくれる。

大好物の淡路は由良のウニ。


この甘みは私が知る限り、他に並ぶものはない。

そしてお刺身は、明石鯛、ヒラメのエンベラ、シマアジ、アナゴ、生きたイカ。





こちらも大好物のアワビ!




この時期しかない、アブラメの赤ちゃん、シンコ。



茹で明石タコ。
旬は夏なので、これは冷凍もの。



お寿司も握ってもらって、日本酒と焼酎がグイグイ進んだ。

年に一度の贅沢。
日本の食文化の豊かさを改めて実感する。

ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓