アウシュヴィッツ解放70年 

1月27日はアウシュヴィッツ解放70周年の日だった。
私は毎年、この日普段にも増して、当時犠牲になったユダヤ人に思いを馳せる。

アウシュヴィッツ強制収容所跡では、午後に解放70周年記念追悼式典が行われ、
その模様は、ドイツ公共放送の第二テレビZDFやNTVで生中継された。

fc2blog_201501312210135ba.jpg

生存者の方々及び各国首脳が勢ぞろいだったが、ロシアのプ-チン大統領は参列せず。
理由は「正式に招待されなかったから」とのことだが、ポ-ランド側は、どの国の首脳も正式に招待してないとのこと。
なぜなら、この式典は犠牲者及び生存者がメインであるべきだからとのことだった。
参列した首脳は皆、自主的に来たのだった。プ-チン大統領は、他に理由があったのかもしれないが、当時アウシュヴィッツを開放したのはロシア赤軍だったのだから、本来は来るべきだったのでは。。。

fc2blog_201501312209371bf.jpg




10年前の60周年のと同様、この日のアウシュヴィッツも雪が積もっている。

fc2blog_20150131221104360.jpg

ポ-ランド大統領をはじめ、生存者3人によるスピ-チ。

fc2blog_20150131220902f00.jpg

どの話もジンときて涙がこぼれそうになる。どんな悲惨な状況だったか、いまさらここに書くまでもない。
ユダヤ教のラビが唱えた悲しみの歌には、内容はわからないがグッときてしまった。
参列した生存者の方々も、皆涙をながしていた。
当然ながら、生存者もご高齢。今後ますます語り部が減っていく。
10年後の解放80年の時にはどうなっているだろうか。


この日アウシュヴィッツの式典に参列したドイツのガウク大統領は、午前中はドイツの連邦議会で追悼式典で演説をした。「アウシュヴィッツ(ホロコ-スト)なしには、ドイツのアイデンティティ-を語れない。」とまで国の元首が言うドイツ。メルケル首相他ドイツの政治家も同じスタンスだ。ドイツ人は生まれ持って、ホロコ-ストの責任を背負っている、またその責任を果たしていく義務があるということだ。
ドイツは永遠に、この大きな過ちを次世代に伝え続け、責任を取っていくべきという構えだ。政治家の歴史認識が、どこかの国と大きく違うのを毎回のように実感してしまう。

ドイツがここまで過去の清算に努力していることには脱帽だが、一方で最近のある調査によると、ドイツ人の8割が過去の歴史を忘れたいと思っているという結果もあるようだ。ホロコ-ストという過去の責任を国をあげて行う努力をしているドイツでさえ、国民がそのように思っているかもしれないのなら、政治家が正しい歴史観を持っていない国では、国民は過去を忘れたいと思う以前に、すでに忘れてしまっている、もしくは問題意識さえ芽生えていないかもしれない。


私の住むライプチヒは戦前ユダヤ人が13000人暮らしていたそうだ。当時ドイツで6番目に大きなユダヤ人教区があり、ザクセン州では最も大きかったそうだ。
しかしユダヤ人の迫害は行われたナチ時代、1933年から1945年に間には、わずか24人しか残っていなかったという。

自宅近く、ちょうどライプチヒ動物園の迎え側の橋のほとりに、ユダヤ人迫害に関する追悼碑がある。1938年11月10日、ドイツ中のユダヤ人関連の建物が襲撃されたポグロム「帝国水晶の夜」に、この橋の下に数百人のユダヤ人が押し込められ、迫害されたり、収容所へ輸送されたそうだ。

fc2blog_201501312212169a7.jpg


アウシュヴィッツ解放70年の日の翌日、私はここに立ち寄ってみた。
ここから、アウシュヴィッツへ移送されて、殺害された人達も多かったに違いない。

20世紀最悪の蛮行、ホロコ-スト。絶対に繰り返されてはいけない。
絶対に忘れてはならない。そのためには次世代へ永遠に語り続けられなければならない。
その大変な責任を永遠に背負っているドイツだが、ここでも、その努力はひしひしと感じられる。




ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

エリゼ条約(独仏協力条約)締結50周年 

1月22日(火)

ドイツとフランスの和解の基盤となった独仏協力条約(エリゼ条約)。
1963年、フランスのエリゼ宮で締結されて昨日でちょうど50年。
当時のアデナウア-独首相とドゴ-ル仏大統領によって調印され、過去数々の戦火を交えてきたドイツ、フランスにとって和解の基盤となった歴史的な条約だ。

昨日は、エリゼ条約締結50年を記念して、フランスからオランド大統領をはじめ、閣僚、政治家約400名がベルリンへやってきた。
両国の政治家のほとんどが一同に会するのは、おそらくはじめてではないだろうか。
それぐらい、ドイツとフランスにとって、祝福すべき、歴史的な条約なのだろう。


午後には独仏合同の国会が開催され、「経済、政治的危機の時代である今こそ、両国が共に手を携えていくことで、EU全体のさらなる発展に貢献しよう。」といった共同宣言が行われた。


fc2blog_20130123214107620.jpg


この50年の間には、さまざまな人的交流などが行われ、国民性の相違を超えて、お互いを認め合う関係になったフランスとドイツ。この両国がEU統合の軸となっているのは言うまでも無い。両国の和解が先駆的な役割を果たしたのだ。


ところで、両国の和解を進めていく上で重要なことは、両国の歴史観のすり合わせだ。
フランスとドイツの間では、このすり合わせ作業も専門家の間で長い年月をかけて行われ、そしてすでに、独仏共同で作った歴史教科書が存在する。

rekishi.jpg

ちなみに、ドイツはこの他ひも、隣国ポ-ランドとの間でも同様の作業が行われいる。



隣国との和解や、歴史教科書問題などでは大きく遅れをとっている我が祖国日本。
フランス、ドイツの関係を見習って、近年冷え切っている隣国関係を、改善していってもらいたいと、願ってやみません。





ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ<








ドイツにとって11月9日という意味 

11月9日という日はドイツの歴史上忘れ難い日だ。

1989年11月9日。
それまで東西ドイツを分断していた壁が崩壊した日。


0911-2.jpg


現代ドイツにとっては、喜ばしきき誇り高き日だ。

一方でドイツ史上負の歴史で忘れられない日付でもある。
1938年11月9日。ポグロムと呼ばれる日。
ナチス政権下のドイツは、この日ドイツ中のユダヤ人の商店、学校、民家を襲撃したり、ジナゴ-グを焼き討ちにし、多くのユダヤ人が犠牲となり、多大な被害を被った日だった。
この日を境に、ユダヤ人のドイツでの立場は急激に悪化していったらしい。


0911.jpg


襲撃された民家のガラスの破片があまりに多く散乱し、月の光にきらきらと輝いていたことから、「帝国水晶の夜」と呼ばれた。


50年を隔てて負の歴史と誇り高き歴史の日を共有するドイツ。
無血革命として、誇り高きベルリンの壁崩壊の歴史の日だが、毎年この日は、そればかりで盛り上がることはない。
ポグロムという負の歴史をも同時に追悼するドイツ。
少なくとも今のドイツはいずれをも、絶対に忘れようとしない姿勢が感じられる。
この姿勢が続く限り、ドイツは精神的に安心できる、尊敬すべき国だ。





訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

料理オリンピック2012 日本チ-ムのお料理 

4年に一度の料理オリンピックが開催されました。
なぜか、ドイツはチュ-リンゲン州の州都、エアフルト行われ、世界36カ国のコックさんチ-ムが腕を競い合います。

エアフルトのメッセ会場には厨房がいくつも設置され、団体競技の場合は午前11時に開始され、17時まで調理。
17時半からお客さんにお料理が給仕されます。
審査されるのは、料理の味や配色はもちろん、素材や調理過程、衛生面などさまざまな観点から厳しくチェック。
点数制で、金・銀・銅の3段階で評価されます。





各ブ-スに同じ調理機器が備え付けられており、各チ-ムがそこで調理し、審査員は常時見回っています。


koch1 k


日本チ-ムの厨房。

fc2blog_201210100544113ad.jpg

関西のいろいろなホテルの料理長さんばかりです。

そして、出来上がりました。


前菜は、サ-モンとタラのピュ-レにセロリクリ-ム。
スズキ・ラタトゥイユ・グラタン、バジル入り。
豆腐とほうれん草のサラダ、ゴマソ-スとレモン風味の野菜

koch2 k

この前菜は、色も綺麗だし、とっても感動。
唯一少しだけ味見ができたのですが、最高においしかった!
こんなん作れたらなぁ。


メインはお肉料理。
牛フィレ肉と仔牛のム-スの中にゴボウ入り。
牛頬肉の赤ワイン蒸し。
日本の胡椒風味、カボチャのプリンと野菜。

Koch4 k

こちらは展示されていたものの画像。
これも、おいしそうでした。


そして最後はデザ-ト

米粉のチョコレ-トケ-キ、柚子風味。
バラの風味のアイスクリ-ム、他。

koch5 k

こちらも展示されていたものの画像です。
味はわかりませんが、見た目がちょっと色彩に欠けるように思いました。

これらのメニュ-全部で44ユ-ロでしたが、日本のメニュ-はもう早くから100人分完売だったそうです。
毎回人気があるようです。



そして、今日審査発表がありましたが、日本チ-ムは予想に反して銅メダル。
なかなか難しい。
前回は銀メダルだったので、今回は金が欲しいと話されていただけに、残念。
お話を聞くところによると、とりわけ厨房の機器が最新鋭すぎて、しかもドイツ語ということで操作が良くわからないという、大きなハンディがあったようです。
それに、出場がきまったのがかなり遅くて、練習も足りなかったとのこと。
また、他の国はバックアップ体制も強く、オリンピックと全く同じ機器で調理の練習もしてきたのだとか。


ちなみに、ドイツチ-ムは見事金メダルを獲得しました。
ドイツチ-ムのお料理については、こちらをご覧ください。



残念でしたが、日本チ-ムのメニュ-を召し上がったお客さんは大満足されていましたし、大健闘だったと思います。

「メダルの色は銅かもしれないけど、今回は自分で自分を褒めてあげたい。」という元マラソン選手の有森裕子さんの名言をふと思い出しました。





訪問いただきありがとうございました。
よければポチッとお願いします!
      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツのジャガイモが北朝鮮へ 

ドイツの食材と聞けば、まず最初にジャガイモを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
たしかにジャガイモを食べる量は日本人よりもはるかに多く、主食といっても差し支えないかと思います。


現在ドイツには206種類のジャガイモが認可されており、うち150種類が食用。
タイプは以下3種類あります。

1. festkochend(固くて煮崩れしない): ドイツのジャガイモサラダ、グラタンなどに適する。
2. vorwiegend festkochend(煮崩れしにくい):フライドポテトなどに適する
3. mehligkochend(柔らかく、粉ふき芋): 日本のポテトサラダ、マッシュポテト、ジャガイモス-プなどに適する。

用途によって使い分けると、おいしいジャガイモが食せます。

ちなみにドイツでジャガイモが普及したのは、今年の1月24日にちょうど生誕300年を迎えたプロイセンのフリ-ドリッヒ大王。世界史でもおなじみの方ですね。

Friedlich 1 klein

1756年3月24日にはジャガイモ令(Kartoffelbefehl)を発令し、ベルリン一帯にジャガイモを栽培させたそうです。
その後ドイツの地で普及し、人々を飢餓から救う食材となったのです。


Friedlich 2 klein
ジャガイモが供えられているフリ-ドリッヒ大王のお墓




さて、今年2月初め、ドイツのジャガイモが大量に北朝鮮に送られました。
これは1997年から北朝鮮などの農業支援に携わっている、ドイツのNGO団体Welthungerhilfe(世界飢餓支援)の農業支援プロジェクト。
Juwel(宝石)という名のジャガイモの種芋500トンが海を渡りました。
上記のタイプでは、2の煮崩れしにくいジャガイモです。

これがJuwelという名のジャガイモ
ひとつひとつがかなり大きい。
Juwel2 klein

Welthungerhilfe(世界飢餓支援)の話によると、北朝鮮では国土の20%しか農業に適しておらず、しかもお米は年に一度収穫された後貯蔵し、食いつなげていくらしいのですが、5月頃には底をついてしまうとのこと。
北朝鮮ではその頃に最も食料不足が深刻になるそうです。
そこで、このジャガイモJuwelが抜擢されました。

このジャガイモは収穫までの期間が90日と短く収穫量も多いのが特徴とのこと。
また数年前から試験を行った結果、北朝鮮のような厳しい気候条件下でも十分に収穫が見込まれるそうです。

送られた500トンの種芋はすでに北朝鮮に到着し、栽培が始まっている模様。
ちょうど食料難になる5月頃には15000トンの収穫が見込まれています。
このうちの10%はまた種芋として来年の植え付けに利用され、うまく行けば毎年多くの収穫が期待されるわけです。


今週中にもミサイル発射を行うといわれている北朝鮮。(あくまで、衛星打ち上げと主張しているようですが。。。)
そのためアメリカからの食料支援も頓挫する中、ドイツからのこのジャガイモJuwelが国民の飢餓を救う貴重な「宝石」となりえるか。

若き指導者キム・ジョンウン氏は見るからに十分すぎるほどの食生活送っておられるようですが、気の毒なことに国民は飢えているといわれる北朝鮮。
北朝鮮の国民にこそおいしいドイツのジャガイモをおなか一杯食べてもらいたいものです。
そのためには、北朝鮮で収穫されたジャガイモが、上層部や軍に流れることなく、きちんと国民に行き渡るよう、しっかりとしたモニタリングを期待してなりません。

ドイツのジャガイモにまつわるお話でした。




ご訪問いただきありがとうございました。
よければポチッとお願いします!
      ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村