2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権でDeutscher Meisterに! 

7月9日(日)
自転車ロ-ドレ-スドイツ選手権が今年もポ-ランドとの国境の町、ゲ-リッツで行われた。
fc2blog_201707120426430ac.jpg

ドイツ全国から元プロを含むおじさん達が集まり、Deutscher Meister(ドイツチャンピオン)のタイトルを目指してしのぎ合う大会だ。
今年50歳になったQちゃんは50歳台のカテゴリ-、シニア3部門に出場。
約90人がエントリーした。
起伏のあるコースを5周して85キロを走るレ-スだ。



レ-ス前、真剣な顔で話し合うチ-ムの仲間たち。

fc2blog_20170711220235443.jpg

私はというと、Qちゃんの給水係。
3周目からは決められたゾ-ンで、チ-ムのユニフォ-ムを着ていれば水筒を渡して良いという規則だ。
給水ゾ-ンはスタ-ト・ゴ-ル地点から少し離れた小高い山の上にある。
そこに各チ-ムは陣取ってタイム情報を与えたり、給水したりする。

9時30分スタ-ト。
しばらくすると先導する車がみえてきた。
あれ?二人ほどすでに集団から逃げている。
なんと、Qちゃんと他のチ-ムのMだった。。こんなにはやくから逃げたら、体力消耗して追いつかれちゃうよ・・大丈夫か?
ちょっと懐疑的だった私。

2周目通過時の集団との差は50秒。
ムムッ。。。これ以上差が広がれば良いが。。

3周目通過時は、40秒に短縮。。
まずい。。やはり無謀だったのか。。
ちなみに、この時、私の役目だった給水が、うまくいってホッとした。
うまく渡せないと大変だからね。。

しかし4週目通過時には、集団との差が1分を大きく上回った。
チ-ム内が活気づいた。
もうこれで、安全圏だ!とメンバ-の一人に言われて、私はすでに目頭が熱くなっていた。
あと1週の勝負。

私は、ゴ-ル地点に向かって運を天に任すことにした。
ゴ-ルで待っている間、ドキドキそしてウルウルになってきて、自分でもびっくり。

そして、先頭の二人がやってきたようで、大きな歓声がした。
目に飛び込んだのは、なんとQちゃん!!キャ-!!とおもわず叫んでいた私。

fc2blog_2017071500392851d.jpg

まさか、優勝するとは。。。

fc2blog_20170712042411e14.jpg

私は感動のあまり、涙が止まらなかった。

fc2blog_201707120424579b0.jpg

健闘をたたえ合う二人。
しかし、二人とも強かった。1週目からしかも二人で逃げるなんて、普通は考えられない戦法だった。
途中でどちらかが断念したらもう一方も終わり。ほとんど自殺行為に近いものだったから。
でも、QちゃんはこのMがどんなに持久力がある選手か知っていたから一緒に逃げることを決断したとのこと。


fc2blog_20170712043033cf1.jpg


そして、表彰式。

fc2blog_20170711220447745.jpg

ドイツチャンピオンの証であるユニフォ-ムを渡され、その場ですぐに着たQちゃん。
1年間このユニフォ-ムを着てレ-スに参加できるのだ。

そして、恒例のドイツ国歌が流れました。
[Werbung] VPS


国歌を聴くとますますジ-ンときた。


チ-ムの仲間も、集団が追いついてこれないよう、先頭に立って速度を落とすなど、まさしく理想的なチ-ムワ-クだった。

fc2blog_20170712042555154.jpg

思えば2か月前にレ-スで転倒し、ふくらはぎを25針縫う大けがをしたQちゃん。
あの時は血の気が引いた。。
その後、1週間後からトレ-ニング開始。といっても、仕事の後、時間を見つけては、週に2回ほど集中的にトレ-ニングしていた。
まさに、この大会を目指していたので、感無量。
いや-びっくりした-。感動した-。

ついでにツ-ショットを。

fc2blog_201707150040464e3.jpg



数日後Qちゃんの自転車クラブからもお祝いのきれいな花束をいただいた。

fc2blog_20170715004113f11.jpg


2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権シニアIIIの部 ドイツチャンピオンに輝いたQちゃん。
おめでとう!


fc2blog_20170715003646c84.jpg





あけましておめでとうございます。 

新年あけましておめでとうございます。

皆さまにとって2017年が健康で幸多き年でありますように!


2016年のヨーロッパはテロに始まりテロで終わった暗い一年だったと言えると思います。
世界の平和がぐらついている、そんな不安にさせられる一年でした。

今年のドイツは選挙の年。
右翼政党のAfDが議席を獲得するのはほぼ間違いないとは思いますが、ドイツ人の良心を信じています。
難民政策、そしてベルリンでのテロが追い打ちをかけて、メルケル首相は苦しい戦いを強いられるでしょうね。
でも、優秀なドイツの政治家に、今後益々欧州のリーダーシップをとっても頂いて、ぐらついた平和をなんとか安定させて頂きたいと期待しています。


さて、私達は年末29日から年明け3日までオーストリアはサンクト・アントンにスキーにいっていました。





お天気だけは毎日最高だったのですが、超雪不足のため人工雪製造機がフル作動。
また全てのゲレンデが滑走可能というわけではないので、混みこみ状態。

おまけに、クリスマスの週に雨が降ったらしく、ゲレンデはどこも硬いアイスバーンでした。
ショップでエッジを立ててもらいましたが、歯が立たない。
もっと鋭くしてくれたらアイススケートのようにズレずに滑れるのでしょうけど、そこまでは危ないからかしてくれないのです。

そんなわけで、とにかく安全に滑ることに集中した感じだったので、あまりガンガン滑った気がしませんでした。



何度か目を楽しませてくれたのが、ゲムゼ。
日本語でなんて言うのかな?カモシカ?



自然の一コマに出会うと感動です。


宿泊は、Klösterleという小さな村のペンションを予約しました。
今回初めての宿、ペンションStockinger.



部屋も心地良く、朝食もおいしく、宿の方も良い感じで、大満足でした。


夕食はお気に入りのレストランEngelで。



素敵なStubeだ。


大好物のスープ、フレーデルズッペ。






ジビエ肉のお料理。




地元のウズラ肉のお料理。




大晦日に食べた、Lachsforelle .





牛フィレ肉。





どれもとっても美味しかったです!



来シーズンは、良い雪コンディションで滑りたいな。





今年もどうぞ宜しくおねがいします!




2016年スキー旅行 

今年のスキーは1月30日から2月6日まで、Stubenにアパートを借りました。
いつもの宿Chesa Lavadinaのおばさんが引退してしまい、宿がイギリス人の手に渡り、しかも今年から値段も大幅アップ。
ということで、今回はその近くにあるアパートHaus Maroiを借りました。

アパートではパジャマのまま好きな時間に朝食をとれて、サラダを毎日たっぷり食べれて、なかなか快適です。



さて、今回のスキーは、お天気には残念ながら恵まれませんでした。そしてこんなに様々な気象状況を経験したスキーは初めてかも。

まず到着した翌日、日曜日は吹雪でリフトがストップ。そして気温が高いために夕方から雨に。真冬の山で雨とは。。トホホ。

翌日月曜日はzürsへ。
青空がのぞいたものの、一晩中結構降ったためとっても重い雪質。足が重い。。


珍しく、早めにあがりました。

翌日火曜日はSt.Antonへ。
唯一良いお天気の1日でしたが、やはり気温が高すぎて春スキーみたい。
でも、頑張って滑りました。







朝のうちはアイスバーンになっているところも多く、エッジが丸まっているスキーでは全く歯がたたない。おまけに明日から気温が下がるのでアイスバーンが増える可能性が高いので、夕方スポーツショップに板をチェーンナップに出した。
夕方出すと、一本30ユーロで丸まったエッジを鋭くしてくれ、翌朝ピックアップできる。

この夜から2日間雪、雪、雪。。

アパートの窓から見た景色です。


水曜日。St.Antonで視界ゼロで吹雪。
でもチェーンナップをしたおかげでアイスバーンもずれることなく思いっきり滑れるのが嬉しい。


翌日木曜日は少し車で走って、他のスキー場Sonnennkopfへ。
そこは木が周りにあるので少しでも見えるのだ。吹雪いて視界の悪い日はこのスキー場に限る。
この日は、バスが何台も来ていて、学校から来てる子供達が多くて、ちょっと怖かった。なぜなら、暴走する無謀なスキーヤーが多く見受けられたからだ。
そして、やはり1人けが人が出たようで、ヘリが来ていた。。。

そして最終日の金曜日。
朝起きると、Qちゃんの体調が悪いようだった。夜中に悪寒がして、気分悪くなったとか。
朝食も食欲なさそう。。
外はまだ雪が降っていたので、昼までさらに横になっていたが、昼過ぎに雪が止んだので、滑りに行ってみるとのこと。ちょっと無理じゃないかと思ったけど、言い出したらきかない。
数本滑ったが、やはり悪寒がしてきたというので、宿に戻ることとなった。
明日は良いお天気らしいので、1日滑ってからQちゃんのお母さんのところに行く予定だったが、無理そうだ。

今回のスキー旅行は天候など不運ではあったけど、怪我なく終わったのが一番ありがたい。
それと、昨年新しいブーツの左踝が痛くて難儀したけど、今回は痛くならず、快適でよかった。
いつだったか、夜に震度3、5の地震が来てビックリ。オーストリアにも地震があるのですね~。


それにしても、昨年は5月頃に肘を痛めたためにスポーツがほとんどできず、体重オーバーもあって、今回のスキーは結構筋肉痛がすごかった。とりわけはじめの3日が辛い。
トイレに座るのも、イテテテって感じ。
4日目からの後半3日間は、太腿が強くなった感じで力が出るのだが、今回は後半お天気に恵まれず、思い存分には滑れなかったのは残念だった。
年齢も年齢なので、あと何年アクティブにスキーできるかなぁ。。



自分用に忘備録として、来年のスキーのために気づいた点をメモしておこう。
•不整地斜面では曲げ伸ばしテクニック。
•その際、曲げの時に意識して素早く前へ。同時に足首を曲げる意識でスキーを体の真横に振って荷重して回す。
•常に上半身がスキーより前にある意識が大事。
来年のスキーで、これらの点を思い出して滑ろうと思う。
これがしっかりできれば、どんなバーンでも安定した力強い滑りになると思うのだけど。。。
でも脚力が要るなぁ。。







2015年スキー旅行 




2月7日から一週間、毎年恒例のスキー旅行に行ってきました。
場所はここ10年ほどずっと同じ、Stubenという村にて宿泊し、そこからSt.AntonやZürs,Lechのスキー場で滑ります。
8日、9日は二日とも一日中吹雪で気温も氷点下二桁。視界はほとんどゼロで盲目スキー。Qちゃんは耳出ていたため、軽い凍傷になったほどに悪天候でした。

10日からの4日間打って変わって雲一つないお天気になりました。
気温もも一気にプラスに。



つららがこんなに長かったのが、あっという間に解けてなくなってしまいました。

青空に雪山が綺麗なコントラスト。



ZürsでQちゃんは新雪に自分のシュプールを描いていました。



ZürsからLechへはリフトを乗り継ぎながら滑っていけます。
途中Zügというとても可愛い村をリフト横切ります。



素敵な村だけど、おそらく超高い思われます。私達には縁がないところかな。

LechのKriegerhornのコブコブ。




St.Antonもおもしろい。



いやー、本当に良い天気でした。




ところで、私達の宿があるStuben村には、ある銅像があります。



この方、スキーの父と言われるハネス•シュナイダー。戦前オーストリアでスキー技術を飛躍的に発展させた人です。このシュナイダー生家がこの村にあるのです。
ちなみに、シュナイダーは秩父宮殿下招待されて来日し、各地でスキー技術披露したそうです。中でも野沢温泉でその華麗なスキーは見る人を驚かせたそうで、そのゲレンデはその後シュナイダーと名付けられているそうです。
野沢温泉の有名な急斜面ですね。

さて,今回は新しいブーツだったにですが、4日目から左の足の脛が痛くなり難儀しました。ちょっと細めのサロモンブーツではあるのですが、4日目に痛くなるとは。。。来年のスキーの時までに要調整です。

それと、今回がっかりしたのがStuben村のレストラン。いつも良く利用していた3件にうち2件夜の営業を辞め、もう一件は味が最低。インスタントの味でした。しょうがないので、隣村まで行って食べていました。
また、定宿のおばさんが高齢のため宿を売り渡してしまい、今シーズンからイギリス人と東ヨーロッパ人一家営業に。建物は同じでも、なんだか違うのよね。。。おばさん懐かしい。。

来年のスキーは、そろそろ場所を変えようかなと少し思っています。

まあとにかくでも、今回も怪我なく楽しめて良かったです。




ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓



酔っ払いダブルス・テニス大会2014 

気がつくと約一ヶ月アップしておりませんでしたが、元気にしております。
いろいろな楽しいことがたくさんあったのですが、多忙に任せてブログを書くのをかなりサボっておりました。

さて、先週の土曜日は、テニスクラブで年に一度開かれる、酔っ払いダブルスの試合、ボ-ル・ミックスが行われました。
くじで選ばれた男女がペア-になってダブルスの試合をするのですが、毎回違ったペア-と一緒に5回の試合を行い、上位男女二人のづつが、再度クジを引き、決勝戦を行うというものです。
そして、試合の前にはイチゴパンチを飲んでから望むという、酔っ払いテニス大会なのです。

まずは、一杯。

spannung_spiel_und_spass_1.jpg

そして、テニス。




相手が誰になるかが大きいので、半分お遊びのテニス大会ですが、今年は私はペア-の男性に恵まれ、決勝まで行くことができました。

結局決勝ではボロ負けでしたが、楽しかった。


優勝したサラとロルフのペア-です。

fc2blog_20140622173732a35.jpg

サラは、先月出産したばかりというのに、貫禄の優勝です。
さすがは女子チ-ムのキャプテン。


そして、私とラルフのぺア-は2位に。

fc2blog_20140622173715c30.jpg



最後に残っていた参加者全員で記念撮影。

fc2blog_20140622173647e76.jpg


いや-朝の9時から夕方6時ぐらいまで、ずっとテニス漬けの一日でした。
さすがに疲れたぁ。。


ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓