お誕生会 

3月3日は私のxx歳の誕生日でした。ついに大台に。。。
でもその週はQちゃんがずっと多忙だったので、10日遅れのお誕生会を自宅で開きました。
それに合わせて、母も神戸から来てくれました。
ベルリンのお友達など、もっとたくさんの人達を招待したかったのですが、いろいろ考えてた結果、少人数で自宅でこじんまりと行うことに決定。
ということで、10人をご招待して、ワイワイと和やかに楽しい時間をすごしました。


お食事も、一生懸命作りました!

前菜は、アンティパスト。
パプリカ、ズッキ-ニ、トマトのマリネは自作ですが、他は出来合いのもの。

fc2blog_201603201818317d8.jpg


注文してとりよせた、ノルマンディ-の生ガキ。
超新鮮で、とっても美味しかった!!

fc2blog_201603201818566cc.jpg


サーモンのマリネ。

fc2blog_201603201833397bb.jpg


仔牛のツナソ-ス

fc2blog_20160320183351d90.jpg


パテ・ド・カンパ-ニュ。

fc2blog_20160320183400b93.jpg

唯一の和食、ちらし寿司。

fc2blog_20160320183410125.jpg

メインは、まずは、貝柱とエビのグラタンだったのですが、写真撮り忘れ。
そしてお肉料理は、ラムのロ-スト。

fc2blog_201603201821173a2.jpg

いずれも、オ-ブンで焼けるので、こういったパ-ティ-では楽ちんです。
ラムは、イースタ-が間もなくとくことで、うまく手に入ってラッキ-でした。

デザ-トは、テラミスとガト-ショコラを作りましたが、ばたばたして、いずれも写真撮り忘れ。

fc2blog_20160320181950a52.jpg

みんな喜んで食べてくれてよかった!

fc2blog_20160320182000f3f.jpg


fc2blog_20160320182029dde.jpg

fc2blog_201603201818212ca.jpg

ワインもよく飲みましたよ-。
10本からっぽに。。みんな強すぎ。。

fc2blog_20160320182133628.jpg

皆、楽しんでくれたようでよかった。

fc2blog_20160320182141062.jpg

デザ-トの後、Qちゃんと一緒に、バイオリンとピアノで、恥ずかしながら一曲聴いていただきました。
イェ-ガ-の、愛の挨拶という曲でした。画像はなしです。



fc2blog_201603201820546e1.jpg

夜中の2時半ごろにお開き。
さすがに疲れたけど、楽しかった!!

忘れられない、思い出となったお誕生会でした。









数日遅れのお誕生会 

今年の誕生日、3月3日は火曜日だったので、7日土曜日の夜、ミニ誕生会を開きました。
今回はお隣さんとそのお姉さんの3人をお招きして、和食をいろいろ作ってみました。



当初の予定では、サ-モンと鯛の刺身を作ろうと、前日にいつもの魚売り場で新鮮そうなのを買ったものの、帰宅しておろしてみると、刺身に出せるほど新鮮ではないのが判明。
仕方が無いので、デパ地下の魚屋さんにあわてて行って、新鮮なマグロをゲット。急遽予定を変更して、マグロのタタキを作ることにしました。

ちなみに、そのおろした鯛の半身は、前日にポアレにして食しました。

fc2blog_2015030821583969a.jpg

刺身にするにはいまいちでも、焼くとなかなかおいしいかったです。

そして、鯛のあらでおいしいス-プをとりました。

fc2blog_20150308214411322.jpg





さて、その前菜のマグロのたたき。
今回はとっても新鮮なマグロが手に入ったので、われながら美味しくできました。

fc2blog_20150308214617d4e.jpg

マグロの回りを軽くフライパンでいため、すぐに凍り水でひやし、さらに冷蔵庫で冷やしておきます。
食べる直前に切、しょうがとニンニクをおろし、刻みネギをかけて、ポン酢(醤油とライムかレモンでもOK)をかけていただきます。

fc2blog_201503082147074d0.jpg

お酒は、昨年日本で横浜の叔母さんにいただいた、富士山の近くのお酒、七賢。
これがまた、良く合いました。

fc2blog_20150308214735921.jpg



暖かいお料理として、刺身をあきらめた鯛の切り身と、鳥のササミのホイル包み焼き。

fc2blog_2015030821493132c.jpg

底に出し昆布をひいて、銀杏、ほうれん草、えのきの代わりにシャンピニオンもいれました。
お酒を振っってホイルをしめ、230度ぐらいのオ-ブンで15分ほどでできあがり。

fc2blog_20150308215146cc6.jpg

こちらもポン酢もしくは、ライムと醤油をかけていただきました。



そして、チラシ寿司。

fc2blog_20150308215019f75.jpg

具は、干し椎茸とニンジンだけ。本当はレンコンなどもいれたかったけどね。。

そして、鯛のあらでとった私流潮汁。

fc2blog_20150308215047f8d.jpg

骨にびっしりついた身がまたおいしい。

みんな喜んで食べてくれて、よかった!
それが何より嬉しい。

fc2blog_2015030821485589b.jpg



次の宴会はいつかな。



ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓


年に一度開催、自転車仲間の宴会 

11月29日(土)
毎年11月にQちゃんの自転車仲間が我が家に集まる。
今年は都合の悪い人がけっこういて、それでも約20人が集合した。

我が家の長い棚を利用して、ビュッフェ形式の宴会だ。
ゼクトで乾杯したあと、まずは前菜。

ハム類のプレ-トは、チ-ムのJが用意してくれた。サンキュ-!



私が用意した前菜は、サ-モンのテリ-ヌ、スモ-クサ-モンのマリネ、ミニモッツァレラ、プラムのベ-コン巻き。

alt="fc2blog_20141204041718ca0.jpg" border="0" width="399" height="298" />

サ-モンのテリ-ヌは半分ぐらい残ってしまった。
予想通りだ。だいたい、このグル-プは、ちょっと違ったもの、ドイツ的でないものは、あまり食べようとしない。
なので、和食も作らないことにしている。


fc2blog_20141204041759257.jpg


続いて、暖かいお料理。

fc2blog_201412040419145f0.jpg


私が用意したのは、Qちゃんのリクエストで、ドイツの焼き豚、シュヴァイネブラ-テンとロ-ズマリ-ポテト。

fc2blog_20141204041940a37.jpg

今回は、かなり脂身のない部分を買ってしまったので、お肉がぱさついてしまった。。
昨年のほうが、柔らかく美味しくできたように思う。やはり適当に脂肪がはいった豚肩ロ-スなどを使うべきだったと後悔。
まあ、それも約3キロのうち2キロ強は食べてくれた。


そして、サ-モンとポロネギのキッシュを2枚お出しした。

fc2blog_201412040420073da.jpg

こちらも1枚は丸々残ってしまったので、翌日お隣さんと一緒に食べ、さらにその翌日sはお弁当にして職場に二人とも持っていった。
キッシュは、フランスのお料理とはいえ、今ではドイツでも珍しいものではないのだけど、「これは何?」って尋ねて、キッシュを全く知らない野郎もいたのにはいささかびっくりした。


最後はデザ-ト。
毎回、デザ-トとサラダ類を自転車乗りの皆さんにお願いしているのだが、今回もまたまたほとんどがデザ-ト。しかも甘いケ-キ類ばかり。全部でものすごい量になって、当然ながらほとんど食べきれずにあまってしまった。


fc2blog_20141204041855f7a.jpg

自転車乗りの皆さんは、あまりお酒を飲まない。というか酔っ払うほど飲む者は独りもいず、とっても健全だ。
やはりスポ-ツマンは自己管理がきっちりできてるのでしょうね。

宴は延々2時前ぐらいにお開きだったかな。
遠方からきた3人は我が家に宿泊した。

翌日10時から、Qちゃんたち4人ほどはツ-リングの約束をしていた。
シェ-、元気すぎ-!

こうして、年に一度の大奉仕が無事終わりました。



ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓














生牡蠣パ-ティ- & フランスと三陸の牡蠣の話 

生牡蠣大好き仲間が5人ほど集まって、生牡蠣パ-ティ-。
ベルリンで新鮮な牡蠣が手に入るお店、Fische Paradiesで生牡蠣を4箱ほど買ってきて、友人宅で開けて食べました。



ドイツで買える生牡蠣というのは、フランス産。さまざまな種類があります。
しかし全般的に日本の牡蠣に比べて細身なので、フライなどにはむかず、もっぱら生で食します。

ところで、フランスの牡蠣と日本の三陸の牡蠣は友情関係で結ばれているそうです。
東北の大震災では壊滅的な被害を受けた三陸の牡蠣。
津波被害ですべてを失った養殖業者に対し、即座に7トン相当の牡蠣養殖資材、浮子、ロ-プ、作業着などがフランスから送られ、支援活動が行われたです。
この支援プロジェクト名は、「France o-Kaeshi (フランスお返し)」作戦。
名前からもわかるように、フランスは過去40年の間に、2回東北地方の同業者から助けられたのでした。。
フランスでは1970年と9お年に牡蠣の病気が蔓延し、養殖産業が危機に陥ったが、そのとき、牡蠣の幼生を送って窮地を救ったのが宮城の養殖業者達だったそうです。
現在ではフランス産牡蠣の約90%は宮城から持ち込まれた種牡蠣の子孫といわれているそうです。

気候や海の状況で味はそれぞれ違うでしょうが、フランスの牡蠣が三陸の牡蠣とは大きなつながりがあるようですね。
困った時は洋の東西を問わず、お互いの業者さん達が助け合い、そしてその結果すばらしい食文化の継承が可能となっているのですね。感動!


さて、牡蠣以外にも、エビやイカなども購入し、こちらは火を通していただきました。

fc2blog_20141031001320f29.jpg

私は生牡蠣大好きなのですが、沢山食べ過ぎるとおなかがゆるくなってしまうので、今回も6個だけにしました。
これなら、翌日おなかの調子も快調でした。
ちなみに、ほかの生牡蠣好きの皆さんは、14個ほど食べてたかな。

レモンを絞って、するっと口に滑り込ませると、牡蠣の旨みが口いっぱいに広がります。おいしい!
レモン以外では、フランス在住の友人に教えてもらった、ビネガ-にエシャロテの微塵切りをいれたものをかけてもとっても美味しいです!

スパ-クリングワイン、白ワインなど牡蠣をあてにどんどん進み、たくさんお喋りして沢山笑いました。
お開きは午前3時。
久々に日付の変わる宴会でした。

生牡蠣パ-ティ-、またやりたいなぁ。





ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓







楽しい宴会続き 

今週は宴会が多かった。

まず水曜日は、ベルリンの混声合唱団、Berliner Konzert Chorとの合同練習のあと、居酒屋Hashiでアンサンブル和の仲間でミニ宴会。
歌った後のビ-ルが最高!

/>


そして、昨晩金曜日の夜は、ベルリンで毎年恒例の合唱祭、Lange Nacht der Chöre.深夜まで合唱団が歌を披露する催しだ。
アンサンブル和も毎年参加。昨年は欠席した私は、今年は参加してひさしぶりに楽しかった。
演奏の後はいつも隣のギリシャ屋さんにいって宴会。
こちらも歌った後のビ-ルが最高!




そして今晩は、夏日に誘われ、友人達と近くの公園ロ-ゼンタ-ルでバ-ベキュ-。



Qちゃんはリラックスしている模様。
ちなみに、今日は自転車のタイムレ-ス、ザクセン州選手権シニア部門が行われ、チャンピオンとなったQちゃん。
お疲れさんでした。


少々アルコ-ルが多すぎるのが良くないけど、楽しいことの多いい週間だった。
明日は夏日最後とのこと。
最大限にアウトドア-でエンジョイしたい。






訪問いただきありがとうございた。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓