スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムチ&うどん 

昨日は過去10年で最大規模という嵐が来るということで、夕方のコーラスも急遽お休み鍋なり、ほぼ一日中自宅待機でした。
そこでなんだか色々作りたくなって、台所でずっと過ごしてました。

まずは、数年ぶりにキムチ!

白菜に塩をして、重しを置いて数時間おきます。




その間にキムチの素を作ります。
ネギ、人参、大根、りんご、ニンニク、生姜、蜂蜜。
そして昆布の代わりに昆布茶、そしてアミエビなどの代わりにカツオ節を入れました。
私風のアレンジです。




白菜の水分を取って、キムチの素と混ぜ合わせてできあがり。




少し塩分が足りなかった。。初めにもっと塩をすべきでした。


そして、さらに手打ちうどんを久々に作りました。

今回は、kさんにいただいた、うどんに適した魔法の粉で。



塩水でコネコネ。
しばらく寝かせてから、パスタマシーンで切りました。




湯がいて滑りをとります。




ベルリンの日本食屋さんダルマの、美味しいダルマうどんを真似て、チキンベースのスープで野菜とササミのおうどんにしてみました。




うどんがちょっと硬い食感になってしまった。。
コネがたりなかったかのかな。。




それでもQちゃん、完食してくれました。


改善の余地ありの手打ちうどんでした。🙃

スポンサーサイト

またまたマテ貝 & ロ-ストチキン 

先週に続き、またもやマテ貝をゲット。
金曜日は必ずお店に並ぶみたいで、嬉しいです。しかも、安い!
今回は8個買って3ユ-ロ60セント。身は多いし、美味しいし、とてもお得感のある貝です。

さて、マテ貝は日本ではあまり市場に出回ってないようですが、スペインやポルトガルではポピュラ-な貝だそうです。
私は、まだ現地で食べたことはないですが、スペインでは単にオリ-ブオイルにニンニクをいためて、貝を炒めるてワインを入れるそうなので、今回はスペイン風にしてみました。

fc2blog_2018011603481282c.jpg

ボンゴレのような感じのお味で、オリ-ブオイルと白ワインとともにまざったお汁がまた美味しい! 
また来週も買ってしまいそう。。


そして、メインはものすご-い久々のローストチキン。
たぶん、ライプチッヒに来てはじめてかも。10年以上作ってなかったかもしれません。
詰め物は、ホウレンソウ、玉ねぎ、松のみを軽く炒めて、モッツァレラチ-ズを混ぜ合わせたもので。
レ-マ-トプフにいれて白ワインをかけ、オ-ブンで1.5時間焼くだけで美味しく出来上がります。

fc2blog_2018011603484904b.jpg

切り分けるのはQちゃん。
すごい真剣そのもの。

fc2blog_20180116034956fae.jpg

さすがに全部は多かったので、残りは翌日食べることにしました。

いずれのお料理も、白ワインとともに美味しくいただけますね。









初めてのマテ貝 & 石焼風ビビンバ 

やはり金曜日は良い食材がゲットしやすい。
昨日魚売り場に並んでいたマテ貝を、はじめて買ってみました。

今日はメインは韓国料理なので、日本風にバター、お酒、醤油で炒めてみました。





なかなかグッド!
でもQちゃんは、醤油の味が強すぎてマテ貝の味がどんなのか、はっきりわからなかったとか。
次回は、ボンゴレスパのように、ニンニク、オリーブオイル、白ワインで作ってみようと思います。
そして、もっと沢山購入しよう。



メインは、石焼風ビビンバ。
ビビンバはこれまでもよく作っていたのですが、卵を入れてかき混ぜる石焼ビビンバは初めて。
知人から、ホットプレートでできるよー!と教えていただいたのを思い出して、万能鍋でやってみました。




これをかきまぜると。。
お、美味しい!
熱々で食べれるので冬場はこちらの方がベターですね。
それに、来客時にもぴったり!

久々のビビンバを堪能しました!

最近ちょっとはまっている、アンコウと貝柱のパスタ 

一週間のうちで、金曜日は新鮮な魚介類が一番手に入りやすい日です。

クリスマス前から買っていたパスタが残っていたため、どうしてもこれを今日は消費したかったので、最近ちょっとはまっている、アンコウと貝柱のパスタを作りました。

以前、ベルリンの有名なイタリア料理屋さん、Bocca di Baccoでランチを食べた時に出てきたのがアンコウとイカスミのパスタでした。それがとても美味しくて忘れられなかったので、時々我が家の食卓にも登場するようになりました。
私は、それをちょっとアレンジして、貝柱も加えてうま味を濃厚にしていただきます。


fc2blog_20180106073822505.jpg



オリ-ブオイルでニンニクのみじん切りを炒め、小さく切ったアンコウと貝柱をいれて塩コショウします
さらにミニトマト、白ワインを入れて、しばらくにて、オイルとワインを乳化させます。
イタリアンパセリもふりかけ、パスタと絡めていただきます。


fc2blog_20180106073857f51.jpg


白身魚の中でも大好物のアンコウは、ほんとうにあっさりとしておいしいですね。
白ワインと共に、幸せ気分です。🎶


ポルトガル料理、アロシュ・デ・タンボリルに初挑戦 

ポルトガルを旅行した時に食べたアロシュ・デ・タンボリル。
アンコウや海老の入ったポルトガルのリゾットで、忘れられない美味しい食事の一つです。

前から一度作ってみたいと思っていました。
そしてようやく実現。


いろんなレシピーを参考にして、自分なりのレシピで作ってみました。

(二人分)
1. 鍋にオリーブオイル(100ml)を入れて、ニンニクx2のみじん切り、玉ねぎ中1のみじんぎり、赤と緑(今回は黄色を使用)のパプリカ半分づつをみじん切りしたものを一緒に良く炒める。

2. 湯むきしたトマト3こを小さく切って加え、5分ほど炒める。

3. アンコウ300gを切って入れ、塩コショウし、白ワイン150ccを加えて煮る。
途中で、アンコウをひっくり返す。

4. 5分程煮たら、水400ccを入れ、お米200gを入れ、10分ほど煮る。

5. 海老200gを入れて5-6分煮る。途中で水分が足りない場合は白ワインをくわえる。

6. お米が柔らかく炊けたら、コリアンダーを適量(私は大好きなので沢山)いれて混ぜて出来上がり。






イタリアのシーフードリゾットに似ていますが、大きな違いはパプリカとコリアンダーを入れること。
パプリカを良く炒めると、その甘さがでて、またコリアンダーがアクセントになって、とっても美味!






貝類を入れるともっと美味しいかも。

白ワインが進みます。




あっさりしたお味で、日本人向き。
これは癖になる味です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。