2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権でDeutscher Meisterに! 

7月9日(日)
自転車ロ-ドレ-スドイツ選手権が今年もポ-ランドとの国境の町、ゲ-リッツで行われた。
fc2blog_201707120426430ac.jpg

ドイツ全国から元プロを含むおじさん達が集まり、Deutscher Meister(ドイツチャンピオン)のタイトルを目指してしのぎ合う大会だ。
今年50歳になったQちゃんは50歳台のカテゴリ-、シニア3部門に出場。
約90人がエントリーした。
起伏のあるコースを5周して85キロを走るレ-スだ。



レ-ス前、真剣な顔で話し合うチ-ムの仲間たち。

fc2blog_20170711220235443.jpg

私はというと、Qちゃんの給水係。
3周目からは決められたゾ-ンで、チ-ムのユニフォ-ムを着ていれば水筒を渡して良いという規則だ。
給水ゾ-ンはスタ-ト・ゴ-ル地点から少し離れた小高い山の上にある。
そこに各チ-ムは陣取ってタイム情報を与えたり、給水したりする。

9時30分スタ-ト。
しばらくすると先導する車がみえてきた。
あれ?二人ほどすでに集団から逃げている。
なんと、Qちゃんと他のチ-ムのMだった。。こんなにはやくから逃げたら、体力消耗して追いつかれちゃうよ・・大丈夫か?
ちょっと懐疑的だった私。

2周目通過時の集団との差は50秒。
ムムッ。。。これ以上差が広がれば良いが。。

3周目通過時は、40秒に短縮。。
まずい。。やはり無謀だったのか。。
ちなみに、この時、私の役目だった給水が、うまくいってホッとした。
うまく渡せないと大変だからね。。

しかし4週目通過時には、集団との差が1分を大きく上回った。
チ-ム内が活気づいた。
もうこれで、安全圏だ!とメンバ-の一人に言われて、私はすでに目頭が熱くなっていた。
あと1週の勝負。

私は、ゴ-ル地点に向かって運を天に任すことにした。
ゴ-ルで待っている間、ドキドキそしてウルウルになってきて、自分でもびっくり。

そして、先頭の二人がやってきたようで、大きな歓声がした。
目に飛び込んだのは、なんとQちゃん!!キャ-!!とおもわず叫んでいた私。

fc2blog_2017071500392851d.jpg

まさか、優勝するとは。。。

fc2blog_20170712042411e14.jpg

私は感動のあまり、涙が止まらなかった。

fc2blog_201707120424579b0.jpg

健闘をたたえ合う二人。
しかし、二人とも強かった。1週目からしかも二人で逃げるなんて、普通は考えられない戦法だった。
途中でどちらかが断念したらもう一方も終わり。ほとんど自殺行為に近いものだったから。
でも、QちゃんはこのMがどんなに持久力がある選手か知っていたから一緒に逃げることを決断したとのこと。


fc2blog_20170712043033cf1.jpg


そして、表彰式。

fc2blog_20170711220447745.jpg

ドイツチャンピオンの証であるユニフォ-ムを渡され、その場ですぐに着たQちゃん。
1年間このユニフォ-ムを着てレ-スに参加できるのだ。

そして、恒例のドイツ国歌が流れました。
[Werbung] VPS


国歌を聴くとますますジ-ンときた。


チ-ムの仲間も、集団が追いついてこれないよう、先頭に立って速度を落とすなど、まさしく理想的なチ-ムワ-クだった。

fc2blog_20170712042555154.jpg

思えば2か月前にレ-スで転倒し、ふくらはぎを25針縫う大けがをしたQちゃん。
あの時は血の気が引いた。。
その後、1週間後からトレ-ニング開始。といっても、仕事の後、時間を見つけては、週に2回ほど集中的にトレ-ニングしていた。
まさに、この大会を目指していたので、感無量。
いや-びっくりした-。感動した-。

ついでにツ-ショットを。

fc2blog_201707150040464e3.jpg



数日後Qちゃんの自転車クラブからもお祝いのきれいな花束をいただいた。

fc2blog_20170715004113f11.jpg


2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権シニアIIIの部 ドイツチャンピオンに輝いたQちゃん。
おめでとう!


fc2blog_20170715003646c84.jpg





自転車タイムレ-ス団体戦 

昨日土曜日は、自転車タイムレ-スの団体戦がケムニッツ近郊の森の中で行われました。
団体戦というのは、各チ-ム4人で順次スタ-トして、最終的に各チ-ム3番目でゴ-ルした人のタイムで競う自転車競技。
コ-スを18周、全長100kmを2時間ちょっとで走ります。
自転車競技では、先頭を走るのが風の抵抗があって一番大変なので、その役を順番に交代しながら走ります。
そして極端な話、4人目の人が最後力尽きてずっと後にゴ-ルしても、全く問題ないわけで、あくまで3人目のタイムだけが正式タイムとなるのです。
そのためには、結局のところ一人目と二人目がバックアップして、3人目を引っ張っていかないといけないので、要するに最終的には3人が一緒にゴ-ルすることになります。
大勢の相手と競い合うロ-ドレ-スと違って、チ-ム内での調和が大切な競技です。


さて、Qちゃん達のチ-ム、マスタ-チ-ム・イエナテックもスタ-ト地点に並びます。





スタ-ト!

fc2blog_20140525230616564.jpg



4人連なってやってきます。
まずは先頭を引っ張るのは、チ-ムリ-ダ-のT。

fc2blog_20140525230642a54.jpg


カ-ブもなかなの高速で走り抜けます。

fc2blog_20140525230725edd.jpg


1時間近くたったころ、Qちゃんが私に向かって「飲料ボトルちょうだい!」と叫んだのでびっくり。
ちょうどその瞬間の画像がこれ。
先頭のQちゃんが私に何か訴えている様子だ。

fc2blog_2014052523070256e.jpg

そんなこといっても、私は飲料ボトルを持ってない!
確かに私がスタ-ト前にチ-ムの飲料ボトルを預かっていたが、給水係のRがそれを取りに来たのがかなり遅かった。
それでも、すでに係のRは給水できる状態にあるうはずなのに、何やってるんだろう?
私は、あわてて、Rを探して、Qちゃんが給水ボトルを要求している旨を伝えた。
だいたい、R、来るのが遅すぎる!
おまけにチ-ムが通り過ぎたときに給水ボトルを差し出したのは良いけど、うまく取れず、失敗。
も-なにやってんねん!?
それでも悠長にかまえてるから、私は頭にきていた。
この、私にはちょっと苦手なプライドの高そうなマチョタイプのスポ-ツマン。いるのよねー。
幸い、次の回で給水は上手くいったようだった。ホッ。


さて、レ-スは終盤にかかり、4人のうちリ-ダ-のTが脱落。
珍しいことだ。
3人でなんとか最後までがんばれ!

fc2blog_20140525230757132.jpg


そして最後の一周。

来たっ!
3人でやってきました。

fc2blog_20140525230815498.jpg


ゴ-ル!

fc2blog_20140525230831a9f.jpg

お疲れさんでした。



他のチ-ムのレ-スが終わって結果が出るまでの間、バ-ベキュ-。
野外で食べるとやはりおいしい。

fc2blog_20140525231130751.jpg



そして、結果は2位!
1位はのがしたけど、1位は平均年例20歳以上の若いチ-ムだったので、50歳前後のおじさんチ-ムとしては、快挙です。

fc2blog_20140525230855128.jpg


4人とも満面の笑み!

fc2blog_20140525230932c66.jpg

おめでとうさん!

ちょうど表彰式が終わる頃に雨が降りだしたので、ラッキ-だった。




ちなみに今日は私も自転車乗り。

fc2blog_20140525231200327.jpg

ムルデンタ-ルで、Qちゃんと34kmのミニツ-リングを楽しみました。



ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓





自転車レ-ス、チ-ムの車に初乗車!in ゲルニデロ-デ 

11日の日曜日、またまたQちゃんの自転車レ-スがありました。
今回は、ちょっとした山岳地域のゲルニデロ-デ。
山のアップダウンのあるコ-ス100キロ以上を約3時間ちょっとほどで走る、過酷なレ-スでした。

この日、私ははじめて、チ-ムの車に同乗させてもらえることになりました。



チ-ム車には、予備のタイヤや水などが積まれ伴走します。


fc2blog_20140517054941a77.jpg

今回は、なんと元世界チャンピオンで昨年のドイツチャンピオンのJさんが、運転手役をつとめてくれるという、栄誉あるチ-ム車となりました。
というのも、JさんはQちゃんおチ-ムのTと知り合い(いずれもナショナルチ-ムで一緒なので)で、今回のレ-スには観戦にくることがわかり、車を運転することに話が及んだようです。

fc2blog_201405170552125ed.jpg


チ-ムの車はを運転するには、特別なライセンスが必要です。
Jさんはもちろんそのライセンス保持者なので、Tから頼まれたようです。
ちなみに、Jさんはソウルオリンピックに出場した元陸上選手だったそうな。



さて、レ-スがスタ-ト!

fc2blog_20140517055020141.jpg


各チ-ムの車が後ろからついていきます。

fc2blog_2014051705504451f.jpg

途中、誰かの自転車がパンクしたり、給水が必要になれば、審査員が無線で知らせてくれます。

fc2blog_20140517055121423.jpg

スタ-トして比較的早い段階で、チ-ムのリ-ダ-であるTの自転車がパンク。
無線で知らされ、急いで直行しました。
Jさんが素早くタイヤ交換して、Tは再びスタ-ト。
後ろからついてきます。

fc2blog_201405170552364b8.jpg

そして、集団を追いかけていきました。

fc2blog_20140517055252bf9.jpg


すごい坂道を、みんな必死で走ります。
チ-ムの仲間、Mもがんばっています。

fc2blog_20140517055323d5f.jpg

途中で大きくグル-プができて、差が開いていくと、チ-ム車も後ろのグル-プを追い抜いていっても良いそうです。

遠くに見える先頭集団の中に、チ-ムリ-ダ-のTと、Qちゃんががんばって走っていました。

fc2blog_2014051705531101f.jpg

でも当然ながら、そこまで車はいけずじまい。

最後は、ゴ-ル前のスパ-ト勝負になったようで、Tが2位!
Qちゃんは、2秒差で8位でした。
最後のスパ-トはかなり激しいものだったようで、危険度が高かったとのこと。
そういう場合には、無理しないQちゃん。だって、これはあくまで趣味の活動ですからね。
怪我して仕事に影響がでるようなことになったら、大変。そういうところは、心得てくれているので、安心です。
それに比べて、チ-ムリ-ダ-のTは、どうなろうと、果敢に攻めるタイプで、今回は無事でしたが、これまで何度と無く大怪我をしているのです。

おめでとうT!

fc2blog_20140517055406d49.jpg

Qちゃんは、結果は8位に終わりましたが、山の上で3箇所の通過地点での点数(山のプレミエ)があって、別途評価されるのですが、Qちゃんはその3箇所の合計点数が2位でした。
アマチュアのレ-スですが、少し賞金が出て、結局2位のTよりも、8位で山のプレミエが2位だったQちゃんの方が賞金は多かったのでした。
でも、賞金は全部チ-ムの貯金になります。

レ-ス後、数人でお茶を飲みに町中へ行きました。
ゲルニデロ-デは、町全体がとってもかわいらしい観光名所でもあります。


fc2blog_201405170554319b7.jpg


今回のレ-スは、チ-ムの車に乗るという、とっても貴重な体験をさえてもらえて、ラッキ-でした。

fc2blog_20140517055349f18.jpg




訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓




自転車レース シニア部門 ザクセン州選手権 


先週末、5月3、4日の両日は、ヴァルテンブルグという町で自転車レースザクセン州選手権行われました。
昨年、めでたくチャンピオンになったQちゃん。今年も張り切って参加しました。
私は4日に行われたロードレースのみ観戦しました。

スタート!





険しい坂道のコースを9周。約40kmを競います。





だんだんと先頭集団が絞られていきます。





途中で一人が仕掛けたため、Qちゃんを含む3人がトップ集団に。




しかし、途中で二人がさらにスパートをかけ、Qちゃんは一人で走ることに。



トップの二人は元プロといえ、Qちゃんより年上なのでびっくり。
後で聞いたところによると、二人ともこのレースにかけていて、前日のタイムレースは欠場したとか。
Qちゃんはタイムレースにも参加したので、さすがに翌日のこのレースは足が重かったようだ。


結局レースの結果は3位だったが、Qちゃんのカテゴリーである、シニア第二部門では優勝。




タイトルを防衛できました。




ちなみに、Qちゃんが前日2日に行われたタイムレースでも優勝し、こちらもタイトル防衛。



今季の目標の一つが無事終了。
よく頑張りました!
次は7月にあるドイツ選手権が次なる目標だとか。



訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓

Qちゃん、自転車レース今季初勝利 

昨日土曜日は、ケムニッツ近郊ザクセンリングといわれるレース会場で、自転車レースが行われた。コースを10周し、35kmを走るレース。
その日の気温も0度前後だったので、1時間に観戦するのは寒いかなぁとかなり躊躇したが、ちょっと外にいきたかったので、スキーウエアーを着て防寒していった。

今年からJenatecというチームに入れてもらったQちゃん。このチームの一員として出場する初めてのレースだった。

昨年のレースではめでたく優勝できたが、悪天候のため、参加者が少なかった。今回は、昨年のドイツチャンピオンを含む強豪が参加し、ハイレベルのレースが予想された。

結局途中でスパートをかけたQちゃんが、最後の2周ほどはぶっちぎりで単独トップ。
そして2位以下に大きく差を広げてゴール。




同じチームの仲間、Tも3位に入り、Jenatecチーム快挙!



ちなみに途中のスプリントも制したQちゃん。タイトルも防衛し、今季の良いスタートがきれた。

今シーズンも怪我のないことを願います。



ご訪問いただきありがとうございました。
よければいずれかポチッとお願いします!
      ↓