2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権でDeutscher Meisterに! 

7月9日(日)
自転車ロ-ドレ-スドイツ選手権が今年もポ-ランドとの国境の町、ゲ-リッツで行われた。
fc2blog_201707120426430ac.jpg

ドイツ全国から元プロを含むおじさん達が集まり、Deutscher Meister(ドイツチャンピオン)のタイトルを目指してしのぎ合う大会だ。
今年50歳になったQちゃんは50歳台のカテゴリ-、シニア3部門に出場。
約90人がエントリーした。
起伏のあるコースを5周して85キロを走るレ-スだ。



レ-ス前、真剣な顔で話し合うチ-ムの仲間たち。

fc2blog_20170711220235443.jpg

私はというと、Qちゃんの給水係。
3周目からは決められたゾ-ンで、チ-ムのユニフォ-ムを着ていれば水筒を渡して良いという規則だ。
給水ゾ-ンはスタ-ト・ゴ-ル地点から少し離れた小高い山の上にある。
そこに各チ-ムは陣取ってタイム情報を与えたり、給水したりする。

9時30分スタ-ト。
しばらくすると先導する車がみえてきた。
あれ?二人ほどすでに集団から逃げている。
なんと、Qちゃんと他のチ-ムのMだった。。こんなにはやくから逃げたら、体力消耗して追いつかれちゃうよ・・大丈夫か?
ちょっと懐疑的だった私。

2周目通過時の集団との差は50秒。
ムムッ。。。これ以上差が広がれば良いが。。

3周目通過時は、40秒に短縮。。
まずい。。やはり無謀だったのか。。
ちなみに、この時、私の役目だった給水が、うまくいってホッとした。
うまく渡せないと大変だからね。。

しかし4週目通過時には、集団との差が1分を大きく上回った。
チ-ム内が活気づいた。
もうこれで、安全圏だ!とメンバ-の一人に言われて、私はすでに目頭が熱くなっていた。
あと1週の勝負。

私は、ゴ-ル地点に向かって運を天に任すことにした。
ゴ-ルで待っている間、ドキドキそしてウルウルになってきて、自分でもびっくり。

そして、先頭の二人がやってきたようで、大きな歓声がした。
目に飛び込んだのは、なんとQちゃん!!キャ-!!とおもわず叫んでいた私。

fc2blog_2017071500392851d.jpg

まさか、優勝するとは。。。

fc2blog_20170712042411e14.jpg

私は感動のあまり、涙が止まらなかった。

fc2blog_201707120424579b0.jpg

健闘をたたえ合う二人。
しかし、二人とも強かった。1週目からしかも二人で逃げるなんて、普通は考えられない戦法だった。
途中でどちらかが断念したらもう一方も終わり。ほとんど自殺行為に近いものだったから。
でも、QちゃんはこのMがどんなに持久力がある選手か知っていたから一緒に逃げることを決断したとのこと。


fc2blog_20170712043033cf1.jpg


そして、表彰式。

fc2blog_20170711220447745.jpg

ドイツチャンピオンの証であるユニフォ-ムを渡され、その場ですぐに着たQちゃん。
1年間このユニフォ-ムを着てレ-スに参加できるのだ。

そして、恒例のドイツ国歌が流れました。
[Werbung] VPS


国歌を聴くとますますジ-ンときた。


チ-ムの仲間も、集団が追いついてこれないよう、先頭に立って速度を落とすなど、まさしく理想的なチ-ムワ-クだった。

fc2blog_20170712042555154.jpg

思えば2か月前にレ-スで転倒し、ふくらはぎを25針縫う大けがをしたQちゃん。
あの時は血の気が引いた。。
その後、1週間後からトレ-ニング開始。といっても、仕事の後、時間を見つけては、週に2回ほど集中的にトレ-ニングしていた。
まさに、この大会を目指していたので、感無量。
いや-びっくりした-。感動した-。

ついでにツ-ショットを。

fc2blog_201707150040464e3.jpg



数日後Qちゃんの自転車クラブからもお祝いのきれいな花束をいただいた。

fc2blog_20170715004113f11.jpg


2017年自転車ロ-ドレ-ス ドイツ選手権シニアIIIの部 ドイツチャンピオンに輝いたQちゃん。
おめでとう!


fc2blog_20170715003646c84.jpg





ポルトガル料理、アロシュ・デ・タンボリルに初挑戦 

ポルトガルを旅行した時に食べたアロシュ・デ・タンボリル。
アンコウや海老の入ったポルトガルのリゾットで、忘れられない美味しい食事の一つです。

前から一度作ってみたいと思っていました。
そしてようやく実現。


いろんなレシピーを参考にして、自分なりのレシピで作ってみました。

(二人分)
1. 鍋にオリーブオイル(100ml)を入れて、ニンニクx2のみじん切り、玉ねぎ中1のみじんぎり、赤と緑(今回は黄色を使用)のパプリカ半分づつをみじん切りしたものを一緒に良く炒める。

2. 湯むきしたトマト3こを小さく切って加え、5分ほど炒める。

3. アンコウ300gを切って入れ、塩コショウし、白ワイン150ccを加えて煮る。
途中で、アンコウをひっくり返す。

4. 5分程煮たら、水400ccを入れ、お米200gを入れ、10分ほど煮る。

5. 海老200gを入れて5-6分煮る。途中で水分が足りない場合は白ワインをくわえる。

6. お米が柔らかく炊けたら、コリアンダーを適量(私は大好きなので沢山)いれて混ぜて出来上がり。






イタリアのシーフードリゾットに似ていますが、大きな違いはパプリカとコリアンダーを入れること。
パプリカを良く炒めると、その甘さがでて、またコリアンダーがアクセントになって、とっても美味!






貝類を入れるともっと美味しいかも。

白ワインが進みます。




あっさりしたお味で、日本人向き。
これは癖になる味です。

2016年クリスマス 

忘備録として、2016年のクリスマスのことを。。

今回のクリスマスは、結構多忙だった。
23日にコ-ラスのクリスマスコンサ-トがあったので、その前日からQちゃんのお母さんが来てくれていた。
忙しくてツリ-を買いに行く時間がなかったが、Qちゃんがコンサ-トの前に買いに行った模様。
コンサ-トから戻ってびっくり!
な、なんと3メートル以上ある巨大なツリ-がそびえているではないか。
どうやら、適当な大きさのツリ-はすでに売り切れていて、超小さいのか超大きいのしか残っていなかったとのこと。
それで、大きいのを選んだそうだ。びっくり。
たぶん、これまでで最も大きいツリ-だと思う。

20170123225423.jpg

そして、24日のクリスマスイブ。
ドイツのイブのお料理は、本来はとても質素。
ソ-セ-ジとポテトサラダというのが典型で、25日、26日にごちそうを食べるのが常だ。
我が家は、義母宅でクリスマスを祝っていたころの伝統を引き継ぎ、イブは魚料理をすることにしている。

まずは、前菜のアンティパスト。

20170123225026.jpg


20170123225133.jpg


そして恒例のパンプキンス-プ。

20170123225211.jpg

そして今年のメインは、スズキと貝柱のポアレ、ブ-ルブランソ-ス。

20170123225246.jpg

デザ-トは、クリ-ムブリュレ。

20170123225329.jpg


25日は、前菜に仔牛のツナソ-ス。義母が大好きなボンゴレのパスタ。

26日は、前菜にカニのグリル。
メインは、本来イ-スタ-に食べるラム。
でも、義母がラムを喜んで食べてくれるので、ラムのロ-ストを作った。


20170123225502.jpg

最近ライプチヒにも開店した、Frisch Paradiesで初めて買ったラム。
とて小さくて美味しかった。

20170123225536.jpg

ラムには、サルディニアの赤、ロッカ・ルビアがぴったり。

20170123225611.jpg


ごちそうさまでした。

20170123225654.jpg

あけましておめでとうございます。 

新年あけましておめでとうございます。

皆さまにとって2017年が健康で幸多き年でありますように!


2016年のヨーロッパはテロに始まりテロで終わった暗い一年だったと言えると思います。
世界の平和がぐらついている、そんな不安にさせられる一年でした。

今年のドイツは選挙の年。
右翼政党のAfDが議席を獲得するのはほぼ間違いないとは思いますが、ドイツ人の良心を信じています。
難民政策、そしてベルリンでのテロが追い打ちをかけて、メルケル首相は苦しい戦いを強いられるでしょうね。
でも、優秀なドイツの政治家に、今後益々欧州のリーダーシップをとっても頂いて、ぐらついた平和をなんとか安定させて頂きたいと期待しています。


さて、私達は年末29日から年明け3日までオーストリアはサンクト・アントンにスキーにいっていました。





お天気だけは毎日最高だったのですが、超雪不足のため人工雪製造機がフル作動。
また全てのゲレンデが滑走可能というわけではないので、混みこみ状態。

おまけに、クリスマスの週に雨が降ったらしく、ゲレンデはどこも硬いアイスバーンでした。
ショップでエッジを立ててもらいましたが、歯が立たない。
もっと鋭くしてくれたらアイススケートのようにズレずに滑れるのでしょうけど、そこまでは危ないからかしてくれないのです。

そんなわけで、とにかく安全に滑ることに集中した感じだったので、あまりガンガン滑った気がしませんでした。



何度か目を楽しませてくれたのが、ゲムゼ。
日本語でなんて言うのかな?カモシカ?



自然の一コマに出会うと感動です。


宿泊は、Klösterleという小さな村のペンションを予約しました。
今回初めての宿、ペンションStockinger.



部屋も心地良く、朝食もおいしく、宿の方も良い感じで、大満足でした。


夕食はお気に入りのレストランEngelで。



素敵なStubeだ。


大好物のスープ、フレーデルズッペ。






ジビエ肉のお料理。




地元のウズラ肉のお料理。




大晦日に食べた、Lachsforelle .





牛フィレ肉。





どれもとっても美味しかったです!



来シーズンは、良い雪コンディションで滑りたいな。





今年もどうぞ宜しくおねがいします!




2016年日本滞在記 番外編 

備忘録
10月15日(土)
戸塚で、おばさんの市民歌舞伎鑑賞。

10月16日(日)
やすこちゃん家訪問。母は学生時代の友人と会って夕刻神戸へ。

10月17日(月)
午前中、康子ちゃんと過ごし、午後神戸へ。夕方、むつみちゃん達と垂水で会食。

10月18日(火)
買い物ディ

10月19日(水)
よしさんお見舞い。夜はユキちゃん一家と焼き鳥を食べに行った。


さて、今回も時間を見つけて、近くの海、塩屋の浜へ行きました。

子供の頃よく泳いだり釣りに行った、懐かしの浜辺です。
夏休みには、朝6時頃から祖母と弟でサビキをしにきたものです。
一時間の間に100匹ぐらいの小鯵を釣り上げたこともあったなぁ。
祖母がそれを酢漬けにしたりしてくれたものです。

そんな浜辺も、今では半分ぐらいは漁港になってしまいました。

fc2blog_20161117055021ad6.jpg


西側には淡路島がくっきり見えます。
時間と共に、さまざまな色に変わる景色。

fc2blog_20161117054926314.jpg

故郷の海。。

fc2blog_20161117055136c3b.jpg

懐かしき海。。

fc2blog_2016111705521650b.jpg

久しぶりに、この景色の映りかわりをじっと眺めることができました。




帰国の日。
関空近くのホテルから関西空港を眺めました。

fc2blog_20161117055344de0.jpg



飛行機が飛び立ってから、上空から見る関西空港。

fc2blog_2016111705541907c.jpg


そして、モンゴル上空は雪景色でした。

fc2blog_20161117055445535.jpg


今回も、楽しい思い出と共にドイツへ帰国しました。
日本で蓄えたエネルギ-で、ドイツの寒く暗い冬を乗り越えたいと思います。