ドイツのヨ-グルトメ-カ-でおいしい納豆がつくれました! 

ドイツでは納豆は冷凍なら買えないことはありませんが、やはり納豆としては高価ですので、毎日食べるのは躊躇してしまいます。
健康に良いので毎日食べたいとこですが。。

ずいぶん前に、一度納豆を作ってみたことがあったのですが、温度管理が不適当だったことから雑菌が入ったようで、アンモニア臭はきついし味もいまいちでした。
ある時、Qちゃんの職場のラボのオートソ-ブに入れて発酵させてみたところ、すごくうまくできたので、やはり温度管理が大事なのだと実感したものでした。
でも、納豆菌を研究所のラボに持ち込むなんて、言語道断。それ以降Qちゃんから禁止されてしまいました。
その後、いつかはヨ-グルトメ-カ-を使ってチャレンジしてみたいと思いつつ、かれこれ10年以上たっていました。

そんな時、最近Qちゃんがお誕生日にヨーグルトメ-カをお友達からプレゼントされました。
大喜びしたのは私。
ヨ-グルト以外に、ついに念願のヨ-グルトメ-カによる納豆作りにチャレンジすることになりました。

いただいたヨ-グルトメ-カ-は、Rommelsbacherというドイツ製。
4つのプログラムがあり、ヨ-グルトのプログラムにすると、42度で保たれるので、納豆づくりにぴったり!

早速納豆づくりを開始しました。
まず、大豆200gをたっぷりのお水にいれて24時間浸水させます。
そして、3時間ほど煮るか、蒸します。
私は、1回目は煮て、二回目は蒸してみましたが、個人的には蒸すほうがお勧めです。
煮るよりも味が濃いような気がするからです。
いずれの場合でも、少し柔らかめかなと思うぐらいでも大丈夫です。発酵させると、少し硬くなるので。

大豆を入れる容器やスプ-ンなどは、すべて熱湯消毒をしておきます。
これ、かなり重要だと思いますね。雑菌が入るのを極力避けないといけません。

蒸しあがった大豆はヨ-グルトメ-カ-の容器に入れます。
納豆の種は今回は市販の納豆を使いました。
4分の1パック分を熱湯大匙1にいれます。
納豆は容器に移し、そこに納豆の種を入れて混ぜ合わせます。


その容器をヨ-グルトメ-カ-に入れ、手ぬぐいを上からかぶせ、ふたをずらして載せます。
納豆菌は空気を必要とするため、密封はしないで空気が入るようにする必要があるのです。

ヨ-グルトのプログラムで時間を24時間にセット。

fc2blog_20210415230844d05.jpg

蓋に水滴がついてきます。
だんだん、納豆のにおいがしてきますよ。

fc2blog_20210415230914ab9.jpg

24時間たつと、大豆の表面に白い膜がはり、きれいに発酵しています。
ちなみに上の画像は大豆を煮た時のもの。


こちらは大豆を蒸した時のものです。

fc2blog_20210415231046a0c.jpg

若干色が濃いくなります。
そして、大豆を煮た時はかすかにアンモニア臭がしていたのですが、蒸した時はアンモニア臭が皆無でした!


その後、小さな入れ物やタッパ-に分け入れて、冷蔵庫で2-3日熟成させます。
市販の納豆のいれものは蓋に小さな穴があいているのでそのままで構わないですが、タッパ-などに入れた場合は、
納豆が呼吸できるよう、蓋を占めずにキッチンペ-パ-などを被せるとよいです。

fc2blog_2021041523100555b.jpg

冷気にあたることで、アンモニア臭がなくなるそうですが、煮たほうはそれでもほんの少し残っていました。
蒸したほうが最初からアンモニア臭がなかったので、最高のできあがり。


できた納豆は、糸引きも十分にあります。

fc2blog_202104152313050b1.jpg




蒸した方は、市販のヨ-グルトの小さな容器に分けて熟成させました。
1回分にちょうど良い大きさで、そのまま練って食べるのに便利!

fc2blog_2021041523140808b.jpg

また、自家製納豆のタレも作ると、完璧!
作り方は、だし醤油大匙3、みりん大匙3、酒大匙1、砂糖小さじ2、酢4滴を混ぜて、レンジで1分ぐらいチンしするだけ。
添加物0のおいしいタレのできあがりです。


おネギをたっぷり入れたら、もう最高。

fc2blog_20210415231345d86.jpg

私の至福のお昼ご飯です。

Qちゃんはさすがに納豆は苦手なので、平日の私のお昼ご飯に食べることにしています。

多めに作って、容器ごと冷凍すると便利ですね。




おまけは、皮から作った手作り餃子。
今ドイツの森で生えている熊ネギ(行者ニンニク)をいれて、羽根つき餃子に挑戦しました。

fc2blog_20210415231438d73.jpg

最近購入したバラニ-ニのフライパンのおかげで、カリカリモチモチの餃子に。

最近、いろいろ手作りにはまっています。




最近の魚介料理 

4月に入っても、まだまだ肌寒いドイツ。気温も一桁の日がほとんどです。
コロナの状況もよくならず、ステイホ-ムな毎日がまだまだ続きそうですね。
レストランは開店の見込みが立たずじまい。おうちごはんをいろいろ作るしかありません。

最近作った魚介料理を記録しておきたいと思います。

まずは、洋食偏。

Qちゃんのお誕生日の日に作ったタコのソテ-。

fc2blog_20210415220715912.jpg

いつもは冷凍ものしか手に入らないタコですが、この日はスペイン産の生タコがてにはりました。
一匹買って、残りは冷凍保存しました。



アンコウほほ肉のアクアパッツァ。

fc2blog_20210415221258ecb.jpg


スズキのソテ-、サルサヴェルデソ-ス。

fc2blog_20210415221504154.jpg

シンプルに白身魚をソテ-してお野菜を添えるお料理があっさりとして、とっても好きで、よく食卓に登場します。


お次は、マグロノステ-キシチリア風。

fc2blog_2021041522172406e.jpg

シチリアのお野菜料理カポナ-タを添え、マグロには西洋ワサビソ-スをかけました。
イタリア料理日高シェフのおいしいレシピ-です。



ひさびさのボンゴレスパゲッティ。

fc2blog_20210415221800a1f.jpg

スペイン産のボンゴレで、ちょっと大きめでしたが、個人的にはイタリア産の小さ目のボンゴレが好みです。


そして、今年のイ-スタ-の金曜日に作ったタイのアクアパッツァ。

fc2blog_202104152218399ec.jpg

これも日高シェフのレシピ-で、ミニトマトは事前にオ-ブンで低温で焼き、セミドライにするとトマトのうまみが抜群。
今回は、ちょうどよい感じにス-プが乳化して美味でした。


そして、エビのソテ-、アメリケ-ヌソ-ス。

fc2blog_20210415221943542.jpg

エビの殻でとっただしで作りソ-スは、最高においしいです。
エビが思ったより小さかったですが。。



魚介料理の和食偏。

にぎり寿司に挑戦!
マグロは二つだけ漬けにしてみました。

fc2blog_202104152209320ad.jpg


サ-モンは炙りにもしてみました。

fc2blog_202104152211270e7.jpg

なかなか難しいですね。もっと練習したいと思います。


ある日、ホタテの貝柱を貝ごと買うことができました。
綺麗に掃除して、ホタテのバタ-醤油をつくりました。

fc2blog_20210415221221025.jpg

お汁も濃厚な味ですね。



最後は、急に食べたくなった天ぷら!

fc2blog_20210415221419db8.jpg

エビとタコとお野菜の天ぷら。
タコは先日ソテ-にした残りを冷凍していたもの。
熱いうちに食べようということで、Qちゃんとアッという間に無言で食べてしまいました。
時々とっても食べたくなります。


ドイツでは手に入る新鮮な魚介類は限られていますが、それでもライプツィヒは幸いまだ手に入りやすいほうで、助かります。
また、Qちゃんも魚介類が好きなので、一緒に味わうことができて有り難いことです。

9年ぶりに湖が凍った! 

このところ暖冬続きだったドイツですが、この冬はすごい寒波がきました。
ちょうど2週間ほど前でしたが、日中の最高気温が氷点下。
最低気温はマイナス二桁という久々の寒波到来で、しかもドカ雪が降り寒くてもうれしい毎日でした。

よく降りました。

fc2blog_2021022506323683d.jpg



そして、氷点下の日が1週間以上続いたので、ライプツィヒ周辺にある湖も凍りました!
9年ぶりのことです。

fc2blog_202102250628500ed.jpg


湖上でそり遊びやスケートを楽しむ子供たち。

fc2blog_20210225063201068.jpg


小さなリンクを作って、アイスホッケーを楽しむ人たちも。

fc2blog_20210225063407725.jpg


神秘的な自然の芸術。

fc2blog_2021022506345185b.jpg


湖上に、様々なシュプールが刻まれています。
スケートのシュプール、スキーのシュプール、人の足跡、そして動物の足跡。。

fc2blog_20210225063107825.jpg


湖の真ん中を犬もお散歩。

fc2blog_20210225063332d38.jpg


まるでスキー場にいるみたいです。

fc2blog_202102250638256d4.jpg


翌週、気温がプラスになり、路上の雪は解けてしまいました。
湖に行ってみると、やはり雪は解けていましたが、湖上にはまだ氷が薄く張っていました。

fc2blog_20210225063657bc9.jpg

完全に溶けてしまうまでには、けっこう時間がかかるようですね。

fc2blog_202102250637184f5.jpg


今年はコロナのためスキー旅行に行けなくて残念でしたが、思いがけずライプツィヒで雪と氷を味わえてラッキーでした。


まだまだステイホーム。お料理いろいろ作ってます。 

ロックダウンが3月7日まで延長になっているドイツ。
コロナの新規感染者数は減少傾向にあるものの、変異株への警戒などもありまだまだステイホームが続いています。
レストランは依然として閉まっていますので、おうちごはんをいろいろ作る毎日です。

これまで作ったものを忘備録として、アップしたいと思います。


このところ、何度も食卓に登場する豚汁。
ごぼうの代わりに菊芋を使いますが、それをごま油で炒めるとうまみが増すというレシピーを見つけ、やってみたら本当においしい!けっこうはまっています。

fc2blog_20210219020123e9e.jpg


寒いときには最高の、豚肉と白菜のミルフィーユ。ショウガと柚子胡椒がきいておいしい一品です。

fc2blog_202102190200216e3.jpg


時々、Qちゃんが好きなカンパーニュも焼きます。ライ麦の量をいろいろ変えて試しています。

fc2blog_20210219015845b0d.jpg


ある週末は、ドーブ・プロヴァンサルにチャレンジしました。
前日から牛肉をマリネして、翌日3時間ぐらい煮込みます。オレンジの皮をいれるのが特徴ですが、アクセントになっておいしいです。オリーブを入れるのもプロヴァンスらしいですね。

fc2blog_20210219015819e6e.jpg



ある日は、アンコウのほほ肉をゲットできました。フィレ肉よりもずっとリーズナブルですが、お味は同じぐらいおいしいので、ある時は必ず購入してしまいます。
手打ちパスタとともに食しました。

fc2blog_20210219015750c11.jpg



ずーっと食べたかったおでん。この冬初めてでした。もう一回ぐらい食べたいな。

fc2blog_20210219015613408.jpg



ある日は、思い立ってお味噌を作りました。とりわけ今回ははじめてドイツで作られた米麹をネットで購入して使用しました。
おいしくなるといいなぁ。

fc2blog_202102190154491d5.jpg


そして、ひさびさのフラムクーヘン。簡単でおいしい!

fc2blog_20210219015337e62.jpg




そして、毎年1月に北海水産から購入するお魚のうち、マグロをお隣さんと一緒に食べます。
今年は、一部漬けマグロにしてちらし寿司にし、残りはたっぷりとお刺身で味わいました。
赤身でも脂がのって、とってもおいしい!

fc2blog_20210219015257d06.jpg



翌日のお昼に、残りの貝柱といくらとすし飯で、ミニ握り寿司。
貝柱は少しあぶると旨味が増しますね。

fc2blog_20210219015211c2b.jpg



ある日は氷点下の日曜日に凍った湖を一周した後、手作りキムチでキムチ鍋を楽しみました。
体が温まるぅ!

fc2blog_20210219014957f0a.jpg



またまたカンパーニュをやきました。少し違うクープをいれてみました。

fc2blog_202102190149321e3.jpg



このところ少しはまっている焼きサバ寿司。今回は初めて北海水産の塩サバで作りました。
サバも大きくて、脂もよくのっていました。
ユーチューバーの板前さんのレシピーで、シャリに塩こぶ、ゴマ、ガリを混ぜ合わすととっても美味!
この焼きサバ寿司にかなり病みつきになってしまっています。

fc2blog_2021021901482804f.jpg


一匹分、二人でぺろりとたいらげました。


fc2blog_202102190147529ef.jpg



まだまだ作ってみたいものがいっぱい。
またいろいろチャレンジしたいと思います。


まだまだステイホーム。。いろいろおうちおごはんを作っています。 

新年あけましておめでとうございます。
皆様健やかに新年を迎えられたことと思います。

ドイツは厳しいロックダウンが続いていますが、コロナ新規感染者数は僅かに減少傾向にあるものの、まだまだ予断を許せない状況です。また変種株が出現したことに、ドイツ政府は非常に危機感を募らせていることから、当初予定されていたた1月31日までのロックダウンが、すくなくとも2月14日まで延長されることになりました。
まだまだ、ステイホームが続きます。。

私は、家にいる時間を利用して部屋の片づけなど、毎日少しづつ行いながら、やはり趣味のお料理にいろいろとチャレンジしたり実験したりしています。

元旦は、いつものごとく、お雑煮と好きなプチお正月料理をいただきました。

fc2blog_20210122074456ffa.jpg


いつかはその残りと茶碗蒸しで味わったりも。

fc2blog_20210122074532129.jpg


セモリナ粉の賞味期限が間もなく切れることに気づき、慌てて生パスタを作りました。

fc2blog_20210122074609fd6.jpg


生パスタでサーモンのパスタ。

fc2blog_2021012207473122c.jpg



エビのソテー・アメリケーヌソース。エビの殻でおいしいソースができますね。

fc2blog_20210122074644f6e.jpg



イタリア料理の日高シェフのレシピーで、シチリア風マグロのソテー、西洋わさびソース、カポナータ添え。
これ、二回目ですが、とっても気に入っています。

fc2blog_20210122074804fb9.jpg



そして、鶏肉でポ・ト・フ
お野菜までとっても美味しい!

fc2blog_2021012207484589f.jpg



マグロのソテーの残りを、つけマグロにして、チラシ寿司。

fc2blog_20210122074952ca9.jpg



なぜか和食が食べたくて、続きました。
天ぷら近藤の、近藤シェフのレシピーで、天ぷらを作ってみました。
改善の余地ありですが、おいしかった!さすがは巨匠のレシピーです。

fc2blog_20210122075016d57.jpg



さらに、焼きサバ寿司。
冷凍物ですがノルウェー産の塩サバで作りました。関亭の関シェフのレシピーで、シャリの中に塩こぶとガリとゴマを入れると、とっても美味!さすがは関さんのレシピーです。

fc2blog_20210122075052bb3.jpg


今回は、切り方がいまいちでした。。次回はスパッとした切り口を目指します。

fc2blog_20210122075115969.jpg



まだまだ外食ができない状況が続くドイツです。
お家でいろいろ作ってチャレンジしたいと思います。

皆さん、どうぞご自愛くださいね。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。