年末から年明けにかけてのお料理 

新しい年を迎えて、気が付いたらすでに2か月が過ぎようとしているのに気が付きました。
皆さま、健やかに新年を迎えられていることと思います。

コロナの状況は、目下のところドイツはオミクロン株のピークが過ぎようとしています。先日のドイツ政府の決定では、3月からいろいろと防疫措置が緩和されることになりました。
春以降、感染状況が良くなるのではと期待していますが、それでもまだまだ油断できませんね。
基本ステイホームで、お料理もいろいろチャレンジして楽しむ毎日です。

さて、年末大晦日の夕食は、自宅でQちゃんと二人で食事をしました。
新鮮なお魚を買ってきて、作ったのは、魚のテリーヌのブールブランソース。

fc2blog_20220221061425d68.jpg

手作りバケットとサラダで白ワインがグイグイ進みました。

お正月は、例年のごとく、私の好きなものだけ作って、プチお正月料理を味わいました。

fc2blog_20220221061524eeb.jpg

今年ははじめて黒豆を炊いてみました。ドイツの黒豆で作りましたが、少し小さかった。ドイツで数の子が手に入るのは本当にうれしいことで、これはもう絶対に欠かせません。
昆布巻きは身欠きニシンのかわりに塩じゃけで。それでもとっても美味しくお酒が進みます。

あるときは、昨年の冬に作った切干大根の煮物を作りました。
ドイツは乾燥しているので、春や夏でも作れそうです。Qちゃんも大好きのようです。

fc2blog_202202210617136e5.jpg


ある日はものすごーく久々のシーフードマカロニグラタン。
コウ・ケンテツさんのレシピーで、すべて一つのフライパンでできてしまうので、とっても簡単で美味しい!

fc2blog_2022022106175276e.jpg


またある日はドイツのお料理、ジャガイモのパンケーキ。
ケーキといっても甘くなくて、ジャガイモをすりおろしたものですが、リンゴのコンポートと一緒に食べるのが定番です。

fc2blog_2022022106191825e.jpg


パスタもいろろ作りました。
昨年森で収穫して、冷凍していたポルチーニでつくったパスタ。
じっくり炒めて水分を出すと、とっても濃厚で美味しくなります。

fc2blog_202202210619501a8.jpg

昨年は虫食いのない立派なポルチーニがたくさんとれたのですが、今年は全くダメでした。夏に雨が多すぎたのでしょうかね。


そして、大好きなブロッコリーのパスタ。
南イタリアで食べた思い出のパスタで、今ではよく食卓に登場します。

fc2blog_202202210624503e9.jpg


そして、イタリア人シェフ、マルコさんのレシピーで、ムール貝のパスタ。

fc2blog_20220221062547d1b.jpg

イタリアのムール貝よりもかなり小さかったので、殻から身を取り出すのちょっと面倒でしたが、ぷりぷりでとっても美味でした。


そして、シチリアのお料理で、イワシのパスタ。
松の身、干しブドウ、フェンネルシードが不思議にマッチして、癖になるおいしさです。

fc2blog_202202210626439bf.jpg


そして、毎年一回オランダの北海水産さんからお魚を購入するのですが、マグロ好きのドイツ人の友人たちと、マグロを食べるのがここ数年恒例になっています。
今年も本マグロの赤身と中トロ、ホタテを購入。お刺身以外に、ホタテは少しあぶり、マグロも漬けにしたもので海鮮丼に。
ここのマグロは本当に美味で、赤身でも中トロかと思うほど、よく脂がのっています。

fc2blog_202202210622454a1.jpg

fc2blog_202202210623198c0.jpg



エスニック料理では、ベジタブル・ネパールカレー。
いろいろな香辛料を合わせて作ると、本格的な味になります。

fc2blog_202202210622048b3.jpg

そして、またコウ・ケンテスさんのレシピーで、石焼ビビンバ。
韓国料理も大好きで、時々とっても食べたくなります。

fc2blog_20220221062125d61.jpg


そして、お肉料理。
牛フィレ肉の赤ワインソース。最近ちょっとフランス料理のソースに凝っている私。
ソースを別に作るとたっぷり使えてよいですね。

fc2blog_20220221062041d67.jpg


そして、イタリア料理の、子牛のインボルティーニのレモン煮。
中身はパルメザンチーズとセージをいれます。子牛肉とセージはとっても相性が良いですね。
レモンと一緒に煮るのでさっぱりとします。

fc2blog_20220221062613e1d.jpg


スイーツも作りました。
南ドイツやオースリアの名物で、カイザーシュマレン。

fc2blog_202202210624196ae.jpg

ふわっとして、甘味控えめで、甘いものがあまり好きでない私でもパクパク食べてしまいます。
先日ようやく、南ドイツ人Qちゃんから、合格点をもらいましたので、また作ろうと思います。


まだまだ作ってみたいものがいっぱい。
試行錯誤しながら、お料理を楽しみたいと思います。









秋から冬にかけてのお料理 

お久しぶりです。
ドイツのコロナの状況は秋から悪化。。ライプツィヒのあるザクセン州はワクチン接種率が最も低いこともあってか、状況も最も深刻でしたが、このところ少し改善の兆しが見られます。
とはいえ、まだまだミニロックダウン状態。基本ステイホ-ムが続きます。
お料理もいろいろチャレンジしましたので、忘備録として記載したいと思います。

まずは、秋の定番、玉ねぎケ-キ!
それに合うのがワインの新酒、フェ-ダ-ヴァイサ-です。甘くてまるでジュ-スみたいなので、ちょっと危険な飲み物でもあります。

fc2blog_20211229063709769.jpg


そしてある日は久々にラムのフィレ肉。

fc2blog_2021122906322542d.jpg


そして、鴨のコンフィ-に初挑戦!マリネして、数時間コンフィして、また一晩寝かせるので、最低でも3日かかりますが、まちがいなくおいしくできます。

fc2blog_202112290631028c2.jpg


またある日は、ブッフ・ブイッギヨン(牛ほほ肉の赤ワイン煮)に初挑戦しました。

fc2blog_20211229062816a0c.jpg

このときは、ガストリックがかなり多めだったこともあって、少し甘めのソ-スになりました。


11月の義母のお誕生日には、タイを一匹買っていって、タイの塩釜焼きを作りました。

fc2blog_2021122906264014a.jpg

簡単なのに、美味しい!

この時期限定のご馳走は、ム-ル貝。とりわけ、フランスのムール貝が最高においしいです。
オランダ産に比べて小ぶりで、値段は倍しますが、とにかくプリプリで、臭みもゼロ。値が張るだけあります。
今シ-ズンは4回堪能しました。

fc2blog_20211229062315eb1.jpg



ある日は、ラム肩肉の煮込み料理、ナヴァラン・ダニョ-を作りました。
冷凍ものでもおいしかったので、次回は新鮮なお肉で作ってみたいです。

fc2blog_20211229062215183.jpg

ある日、あるイタリア人から新鮮な冬トリフを買いました。
それで早速作ったパスタ。 これまででは一ばんおいしくできたかもですが、もっと新鮮ならもっと香が立つはず。
そんなクオリティ-のトリフはなかなかドイツではゲットできないですね。。

fc2blog_20211229062124198.jpg


そして、急に食べたくなった、餃子。羽根つきにしました。

fc2blog_202112290619497e9.jpg


ひさびさの、エビのソテ-、アメリケ-ヌソ-ス。エビの殻からでるおいしい出汁でつくるソ-スです。最高!

fc2blog_20211229061906962.jpg


ある時、いろいろなスパイスを入れて、自家製ネパ-ルチキンカレ-を作りました。
これ、なかなかグッドで、かなりはまりそうです。

fc2blog_202112290617281dd.jpg


そして、ものすごいひさびさに、鴨胸肉のオレンジソ-ス。
グラン・マルニエを入れるレシピ-のソ-スを初めて作りましたが、とってもおいしい!

fc2blog_20211229061639c65.jpg

再び、牛ほほ肉の赤ワインソ-スの研究。今回は前回とは少し違うレシピ-で、赤ワインだけんでなく、マデラワイン、ポルトワイン、コニャックなど、複数のリキュ-ルを入れるレシピ-。また、ガストリックは少しだけにしたので、前回よりは甘みの少ない、でもコクのあるおいしいソ-スになりました。


fc2blog_2021122906151714c.jpg


そして、今年のクリスマスイブの前菜。イタリア風の貝柱のパン粉焼きを作りました。

fc2blog_20211229061439b83.jpg

メインは、アンコウフィレ肉のアクアパッツァ。

fc2blog_20211229061415c97.jpg

せっかくおいしいソ-スができたのに、ボンゴレ爆弾(砂入りボンゴレ)に当たってしまい、台無しに。。
ボンゴレはこれが怖いですね。。


そして、今年のクリスマス料理は、鴨のコンフィ、オレンジソ-スを義母宅で作りました。

fc2blog_202112290613241d9.jpg

ちょっとコンフィする時間が長すぎて、お肉がホロホロ過ぎてしまいましたが、とっても柔らかく仕上がりました。
前回3時間コンフィしたのですが、ちょっと足りない感じだったので、今回は5時間半もしてしまったのでした。
次回は4時間ぐらいにしてみようかな。

クリスマス時期は毎年シュトレンを焼きます。実家の母がいつも楽しみにしてくれているので送ります。
1か月ぐらい長持ちするので、クリスマスまでの間ちびちびと食べれるのが良いですね。

fc2blog_2021122906253512c.jpg

そして、ここ数年は毎年焼いている、レ-プク-ヘン。
お隣さんに教えてもらったレシピ-で作ると最高においしい。以前はレ-プク-ヘンが苦手だった私なのですが、これはもう毎日いくらでも食べれます。

fc2blog_20211229061817300.jpg


クリスマスまでの間、週末のお菓子のお皿にはいろいろ並びます。体重が気になるけど、いいや!

fc2blog_20211229062445db9.jpg






夏から秋にかけてのお料理 

コロナの感染状況はドイツも日本もようやく少し改善されてきましたね。
レストランでの食事も可能となり、ずいぶん通常の生活にもどってきました。
それでもまだまだ油断は禁物。
我が家は依然として基本はおうちごはんです。

さて、夏から秋にかけてお料理したもののうち、いくつかを記録しておきたいと思います。

まずは、夏のお料理から。
トマトのファルシ-のトマトリゾット添え。

fc2blog_2021100321415254f.jpg

今回は、キャトルエピスを入れるレシピ-でつくりました。
トマトがおいしい夏場には一度は食べたくなります。


そして、今回初挑戦のブイヤベ-ス!

fc2blog_20211003214021665.jpg

南仏で手に入るお魚はすべて手に入りませんので、少しアレンジしました。使った魚介は、タイ、白身魚、アンコウの頬肉、エビ、貝柱でした。これを香味野菜などとマリネしてから調理しました。


そして、夏の定番、タコとジャガイモのサラダ

fc2blog_202110032144399c8.jpg

クロアチアで食べてから大好物になりました。


またある日は、トルコのブルグルサラダ、クスル。
クミンが入ったトルコや中東のお料理も大好きです。

fc2blog_202110032143500a2.jpg


そして、こちらは8月に南フランスはプロバンスに行ったときに、アパ-トで作ったもので、鶏胸肉のソテ-とラタトゥイユ。

fc2blog_20211003214558926.jpg

かねがね、プロバンス滞在時に地元のお野菜で作ってみたいと思っていたラタトゥイユ。
今回実現しました。やはり太陽をいっぱい浴びた野菜の甘みが濃厚で、とってもおいしいラタトゥイユになりました。


そして、夏の魚料理、タイのソテ-、ラビコッゴソ-ス添え。

fc2blog_20211003214735a38.jpg

さっぱりとした冷たい野菜のソ-スですので、暑い夏にぴったりです。


和食では、海鮮チラシ寿司。

fc2blog_2021100321424493a.jpg

マグロは漬けにして、貝柱は少し炙るとおいしさアップ。


またある日はマ-ボ-茄子豆腐。

fc2blog_2021100321540139e.jpg

プランタ-のコリアンダ-をタップリ入れて食べるのが好きです。

そして、鳥ハム。

fc2blog_20211003214806dc2.jpg

胸肉を梅肉をいれたオリ-ブオイルと一緒に低温で火入れすると、とっても柔らかな触感になりますね。
鶏肉のコンフィってかんじですかね。梅の酸味が効いて、ソ-スがまた美味!




大好きなパスタもいろいろ作りましたよ。

まずは、パスタ アラ ジェノベ-ゼ。

fc2blog_20211003214701355.jpg

バジルのペストに、今回は本場の伝統に従ってジャガイモといんげん豆もいっしょに。


こちらは、紫蘇の葉でつくってたペストで、スパゲッティ・シソベ-ゼ。

fc2blog_20211003215318662.jpg

パスタの見た目はほとんど変わらないですね。


秋はキノコ狩りに毎週末いきますので、その時にポルチ-ニが獲れた時は、パスタにします。

fc2blog_2021100321490028a.jpg

ポルチ-ニはよーく炒め、エシャロッテとニンニクもいれて、とってもおいしい一品に。

そして、トマト缶が残った日は、パスタの基本、スパゲッティ・ポモド-ロ。

fc2blog_202110032156239e2.jpg

トマト缶でもおいしいですが、フレッシュトマトでつくるトマトスパゲッティもとっても美味です。

fc2blog_20211003215843bd1.jpg

画像的にはあまりかわらないですね。


そして、最近少しはまっているのが、コンフィ!
まずこちらは初挑戦、サ-モンのコンフィ。

fc2blog_20211003215445eb0.jpg

低温で長時間オリ-ブオイルの中で調理すると、火の入った生状態という感じになり、ホロホロと柔らかいなんともいえない触感になります。


そして、こちらも初挑戦!鶏肉のコンフィ。

fc2blog_20211003215655750.jpg

これもとっても柔らかく、そしてハ-ブの風味がはいったとてもおいしい鶏肉になりました。
次回はカモ肉で挑戦したいと思います。


いつものように、バケットも何度か焼きました。

fc2blog_20211003215245a99.jpg


最後はスイ-ツ。

夏場に出回るシュタッヘルベア-というとげとげのついたベリ-。
それを入れて作ったケ-キに初挑戦。

fc2blog_202110032138481a1.jpg

実はこれまで食べたことがなかったシュタッヘルベア-でしたが、美味しくてはまりそうです。


そして、西洋スモモ(ツヴェチケン)のタルト。

fc2blog_2021100321555788a.jpg


また秋の食材を使って、いろいろお料理を楽しみたいと思います。


皆さん、引き続きどうぞお元気でお過ごしくださいね。





夏のお料理いろいろーその1 

いよいよ夏到来。果物やお野菜がおいしい季節で嬉しいですね。

最近作った夏のお料理を記録しておきたいと思います。

まずは、先日来客を機にアペリティフ用に焼いた、タルト・ソレイユ。

fc2blog_202107252345153a0.jpg

太陽の形をしたパイで、中身は黒オリーブのタプナーデを入れました。
これは、数年前にフランスに行ったときに宿でいただいたもの。見た目もかわいくて、帰ってからネットでレシピを見つけて作ったのがきっかけです。
数年前にフランスではやったものだそうです。


そして、その来客時のメインディッシュとしてお出しした、タイのポワレとラタトゥイユ。

fc2blog_20210725234554497.jpg

夏場はお野菜がおいしいので、ラタトゥイユは何度かつくりますね。自然の甘味がいっぱいで、最高です。


そして、我が家の夏の定番、牛フィレ肉とキノコ。ちょうど森でポルチーニを見つけたので、翌日ポルチーニでつくりました。

fc2blog_20210725234646344.jpg

ポルチーニはじっくりと良く炒めると、とってもおいしくなります。


そして、残りのラタトゥイユ。

fc2blog_20210725234709597.jpg

確か作ってから3日目ぐらいでしたが、ますます美味になっていました。冷蔵庫で冷やして食べてもとってもおいしいです。


2月のQちゃんのお誕生日以来、久しぶりのタコのソテー。

fc2blog_20210725234755cd0.jpg

最近はドイツでもタコがゲットできるのがとてもありがたい。


最近お肉はおもに週末に調理します。
この日は、子牛肉のレモンバターソース。

fc2blog_20210725234828658.jpg




ある日、冷蔵庫にあったブロッコリーを見て、急に思い立って作った、ブロッコリーのオリキエッテ。

fc2blog_20210725234914a1b.jpg

南イタリア、プーリアに旅行した時の思い出のパスタで、今では大好物の一つに。



そして、これまた久々のラムフィレ肉のソテー。
我が家のお肉料理としてよく登場します。

fc2blog_20210725234952cb2.jpg



皆さん、素敵な夏をお過ごしくださいね!




春から初夏にかけてのお料理いろいろ 

ドイツの春の食材といえば、なんといってもホワイトアスパラ!4月の半ば過ぎから6月20日ごろまで購入できます。
毎年この時期は、少なくとも週末は必ず、多い時は週に2-3回味わいます。

毎回いろいろ違うものと合わせますが、例えば定番の子牛のシュニッツェル。
我が家は衣にパルメザンチ-ズを入れてミラノ風にします。

fc2blog_20210624061529eb5.jpg


サ-モンのムニエルにディルソ-ス。

fc2blog_2021062406223560e.jpg


ちょっと奮発して、ラムのフィレ肉と合わせても美味。

fc2blog_20210624062524b60.jpg


またある日は、あっさりとヴィグネットソ-スでサラダ風にも。

fc2blog_202106240626086dd.jpg



また、最近バラニ-ニのフライパンを購入したため、魚のソテ-などがしやすくなったので、今回も何度も食卓に登場しました。


シンプルに、スズキとお野菜のソテ-、グリ-ンソ-ス添え。

fc2blog_202106240610385d8.jpg


鯛のソテ-、ラヴィゴットソ-ス。

fc2blog_20210624061921218.jpg



シチリアのお料理で、カジキマグロのソテ-。

fc2blog_202106240628129b7.jpg


そして、大好物のポルトガルのアンコウとエビのリゾット、アロッシュ・ディ・タンボリル。

fc2blog_2021062406552425f.jpg


粉ものもいろいろ作りましたよ。

ナポリピザのマルゲリ-タ。
カプ-ト社の粉でいつもと違う種類の粉を使ってみましたが、周りが良く膨らんでラッキ-でした。

fc2blog_202106240612339dd.jpg


パン作りは最近も続けていますが、今回はエピに初挑戦しました。
麦の穂の形がとってもキュ-ト!

fc2blog_20210624061654331.jpg

ある日はベ-コンエビにもチャレンジ!

fc2blog_202106240623207a0.jpg


同じ粉ものでも、豚まん!

fc2blog_20210624061113cec.jpg

エビの蒸餃子!

fc2blog_202106240613218f1.jpg


和食では、巻き寿司(裏巻き)を久しぶりに作りました。

fc2blog_20210624063051a2a.jpg


先日は気温30度を超す猛暑日が続いたので、そんな日は必ず食べたくなる冷やし中華!

fc2blog_2021062406272768e.jpg


パスタもいろいろ作りました。大好物のア-ティチョ-クとアンチョビ-で。
仕込みがめんどくさいですが、カリカリの触感がたまりません。やはり缶詰とはちがって生は格別です。

fc2blog_2021062406293150f.jpg


またある日は、イワシが手に入ったので、シチリアのイワシのパスタを作りました。
フェンネルシ-ドがさわやかなアクセントになって、病みつきになりそう。

fc2blog_20210624062416449.jpg


同じくシチリアの家庭料理で、カリフラワ-とオリ-ブ、玉ねぎ、乾燥トマトの煮物。
シンプルですが優しいおいしさです。

fc2blog_20210624062142536.jpg



そして、ケ-キもいろいろ焼きました。
とりわけ、この時期にだけゲットできるルバ-ブを使たケ-キはいろいろなレシピ-で何回も焼きました。
たとえば、ルバ-ブのタルト。
ルバ-ブの酸味とタルトの甘みが絶妙のハ-モニ-です。

fc2blog_202106240620337ac.jpg


またいろいろチャレンジしたいと思います。